2015年10月17日

乳がん検診

例年この時期に行ってる乳がん検診に、今年も行ってきました。
ここ数年、会社の健康診断で「乳房に嚢胞を認める」って毎年言われてる&母親が乳がん罹患歴あり、ということで、母が乳がん手術した10年前から毎年自腹で検診行ってます。

毎年この時期はピンクリボン運動中なことに加え、今年はとある有名人の方をきっかけに乳がん検診への関心が一気に高まったため、かなり混雑してました。
ワタシが毎年検診に行くクリニックには「混んでるので受付時間を短くします&医師の選択はできなくなりました」という貼り紙が貼られてた上、それまでスリッパ制だったのに今年は土足OKになってたり、前に比べて待合室の椅子が大幅に増えてたり、患者の急増に苦慮しているらしい様子が感じられます。
(体感としては、例年比1.5倍)
ココのクリニックは乳腺専門クリニックのためか、予約なしで当日結果を知ることができる、というのも混雑の理由なんだろうなぁ。

結構待たされたものの、超音波検診とマンモグラフィも無事終了。
マンモグラフィは一方向のみ。
月経周期を読めば、マンモグラフィも大して痛くありませぬ。
ポイントは月経周期1〜2週目くらいに検査を受けることなんだが、予約制だとなかなかそこを狙うのは難しいよねー(´・ω・`)

最後に診察。
「もともと乳腺が多め」というのはあるらしいのですが、とはいえ今年もしこりや石灰化もなく、晴れて無罪放免。
クリニックを出たのは、受付の3時間後でした。

うちの母は、60歳だった10年前、市の検診で初めてマンモグラフィを受けて乳がんが判明(ステージIIa)し、手術で左胸全摘しています。
10年経った今は経過を見るために数ヶ月おきに病院に行くだけですが、手術後の痛みや抗がん剤治療の辛さは、よく聞かされたました。
20人に1人が乳がんになる、というこのご時世、ましてや母親が罹患者たるワタシのリスクはわりと高いと思うので、毎年ビクビクしながら検診に通っているのです。
(がん保険の女性特約まで入ってる)

  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

酒々井プレミアム・アウトレット

友達に誘われるままに、酒々井プレミアムアウトレットに行ってきた。
行ったのは土曜の昼過ぎでしたが、駐車場もわりとすんなり。
ていうか、駐車料金ないんだ……

入口のこの閑散とした感じ。


それでも、中に入るとそこそこ人がいます。


うーん……
人、そこそこいたんだよ。
写真だとあんまりわかんないけど。
ただ、お買いものするにはわりとゆったりしてて、混雑嫌いにも優しいですな。

あと、ちょこちょこあちこちにハロウィンっぽい飾りもありました。

まぁカワイイ。

お店。
所詮ブランド品やおしゃれに興味のない女子力ほぼゼロなワタシですんで、大半を占める衣料はスルー。
とはいえ、物によっては結構お買い得っぽくて買おうか悩んだ服もあったので、おしゃれ女子には宝の山かもしれませぬ。

結局、ワタシが買ったのは、食品とフランフランのタオルとポップコーンでした。

「酒々井プレミアム・アウトレットで一番混んでいる店」と名高い、「ギャレットポップコーン」のシカゴ・ミックス。

連れてきてくれた友達が高評価だったこともあり、Mバッグ(620円)を購入。
さすがに缶のは買わない。
土曜の夕方で、10分くらい待ったかなぁ。
行列すると聞いてたけど、すっかり落ち着いたらしく、そこまで待った印象はない。

帰宅後、お留守番だったダーリンと食べる。

キャラメルサクサク、チーズ濃厚で美味しい!
「これはワインにも合う!」と、ダーリン(酒飲み)にも大好評。
類似品もいろいろ売ってるみたいだけど、思いの外ダーリンが気に入ってくれたので、そのうち改めてダーリンと酒々井へポップコーン買いに行くかもしれません。
タグ:酒々井町
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | 更新情報をチェックする

ラ・クッチーナ ハナ

友達に誘われるまま、酒々井アウトレット行ってきました。
その前にランチ。
成り行きで、前々から気になっていた「ラ・クッチーナ ハナ」さんへ行きました。

http://www.cuchina-hana.com/ (公式)
http://r.gnavi.co.jp/g226305/ (ぐるなび)

入口から既にきれいなお庭っぷりでしたが、席に通されると、そこは庭を望めるお席。


ガーデンウェディングにうってつけっぽい。
そっか、ここってレストランウェディングも受け付けてるんだよね、確か。
春先とかキレイだろうなぁ。

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

帰省と千葉市郷土博物館

お盆に帰れなかったので、お彼岸に帰省して両親と墓参りしてきた。
最近、両親の老いがだんだん気になってきて、ちょっと悲しい。
ワタシがこのトシなんだもの、そりゃ両親だって年取るさ。

今年のお彼岸はシルバーウイークとやらで大連休だったので、帰りは久しぶりに電車使用。
館山駅の駅舎から西口を眺めると、結構キレイ。

そういや、市がこの眺望のために屋根をオレンジに統一しようとしてたような気もする。

あと、なんか自由通路にこんなポスターも貼ってあった。

海際の通りにヤシの木を植える運動があったらしく、そこに有名人とか地元の企業とかがメッセージプレートを並べているらしい。
ノーベル物理学賞受賞の小柴先生は確かに館山ゆかりの方らしいんだが、タモリとか館山に来たことあるんだろうか?(´・ω・`)

お天気が良いので、上総湊手前の橋からの眺めが実によかったです。


千葉駅で待ち合わせていたダーリンと、千葉城(千葉市の郷土博物館)に行きました。


このお城はキレイですが、もともとココにはこんなにテンプレ的なお城が建ってたことはなかったらしいですよ。
あくまで近年作られた、お城の形をした博物館です。
(館山とか大多喜とか久留里とか、千葉県内に今あるお城はみんなそんな感じ)
「郷土博物館」ですので、千葉市の古代からのいろいろがわかります。


天守台からの眺め(北側)。

正直もっと眺めがいいのかと思ってたら、そんなにココ高くないのね。
西側・南側は大きなビルが多いのと、東側は千葉大医学部がどかーんとあるのとで、思った以上に残念眺望でした。

オマケ。
天守台には顔出し看板もありました。


  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南房総 | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

佐倉市民花火大会2015

今年も佐倉の花火大会を見に行きました。
150801_2014~41.jpg
(見ての通り、打ち上げ会場じゃなくて京成臼井駅前のイオン屋上からですが)

昨年までは京成で1本で行けた臼井ですが、今年は引越してしまったのでちょっと大回り。
距離的にはたぶん千葉の花火大会の方が近いんですが、千葉も幕張なんで、行き方がめんどくさいのはどっこいどっこい。
ということで、慣れ親しんだ佐倉に今年もゴー。

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

夏のレジン

夏の休日は外に出るのも暑いので、UVレジンをボチボチと。
150725_1513~15.jpg

最近、ネットで水面レジンとやらの作り方を見て、ちょっとやってみた。
ベースの青は、ダイソーのプリンタインクで着色。
その上に白(ダイソーのアクリル絵の具白)で着色したレジンを流して、透明レジンをポチポチ垂らす。
するとあらふしぎ、水面の如くの模様ができあがり!
……っていうだけはカンタンなんですが、実際やってみると結構難しいっす。
ちなみに、人魚ちゃんのデザインは、手書きしたワケではなく、キャンドゥで売ってたフィルムを切り抜いて載せただけ。

100円でいろいろ材料が手に入るのはありがたい。
が、UVレジンは100均ではダメな気がする。
いくらランプ当ててもベタベタが消えない感じ(´・ω・`)
なので、ワタシは清原のレジン使ってます。
とはいえ、シリコン型で硬化すると反ってしまうのが目下の悩みのタネ。
どうしたもんか。

そうそう、名画を切り抜いてレジンで封入、というのも、チャームとしてはアリですな。
ダイソーの金古美空枠に入れるとなかなかイイ感じ。
タグ:UVレジン
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドクラフト | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

大賀ハスを観る会2015

大賀ハスは、1951年(昭和26年)に千葉市で発掘された、2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花した古代ハスです。

【参考】大賀ハス(Wikipedia)

で、この大賀ハス、我らが千葉市の公園、千葉公園で大事に育てられてます。
「大賀ハスを観る会」というのが開催されるというので、早速行ってきました。
150620_0900~00.jpg


続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

傘カバー

長い傘用のカバーを買った。
前々から欲しかったんだけどなかなか売ってるお店がなくて、結局イオンに入ってる雑貨屋さん「ROU」にて購入。
通販で買えば早いんだけどね。

【楽天アフィリエイト】


ポリエステルでペラペラなんだけど、ペラペラであるがゆえに、畳んで通勤カバンに入れっ放しにできる優れもの。
傘を入れて肩からかければ、両手も空くからラクですよ。
朝晩のラッシュでべしゃべしゃの傘を電車に持ち込むと、どうしたって自分や他人を濡らしちゃうんで、みんなこういうの持った方がいいと思うんだ。

最近、通勤時は長い傘を持たないようにしてる。
基本的には折り畳み。
電車に乗るときは、吸水モールつきのポーチにしまう。
そしたら電車の中でも邪魔じゃないしね。
このへんは、結構最近あちこちで売ってるようになったなー。

【楽天アフィリエイト】


それでも、台風とかどしゃぶりの雨とか「やっぱり長い傘がいいなぁ」という日もある。
そういう時のための「長い傘用カバー」なワケでした。

通勤電車で座ってると、前に立ってる人の傘が膝に当たることがすごく多い。
大抵そういう人は、長い傘の持ち手をスマホを持つ腕に掛け、もう片方の手で吊皮を掴んだままスマホをいじってる。
そうすると、腕からぶら下がった傘の先がちょうど、前に座ってる人の膝の真上に来るんだよね(´・ω・`)
雨の日だと、その傘の先から膝に雨がポタポタ。
でも、当の本人はスマホに夢中で全く気付かない、という次第。

10年以上前に、電車で傘を腕に引っかけて立ってて、前に座ってた年配のご婦人に怒られたのをよく覚えてる。
「あなた、傘はこうやって持つのよ!」と、腕に引っかけてた傘を腕の外側からかけ直されてビックリしたっけ。
つまり、傘を腕に掛ける時は、腕の内側からじゃなくて外側からにすれば、傘の先が自分の側に向く、ということなのですよ。

ただ、見てると、昔のワタシみたいに傘を腕の内側から掛けてる人は多いです。
そして傘の先からポタポタ。
怒れるほどの勇気がないワタシは、毎回無言で膝の上のカバンで傘を押しやってます(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

江戸東京博物館

前々から気になっていた「江戸東京博物館」へ行ってきました。


江戸時代以降の江戸・東京エリアに住んでいた人々の暮らしぶりがわかるジオラマ展示がメインの博物館で、先日常設展をリニューアルした、と聞いて気になっていたのです。
前に強引に歴博に連れて行って以来、そこそここういう民俗学的なモノに興味が出て来たらしいダーリンを連れて、はるばる江戸は両国まで出陣です。

続きを読む
タグ:博物館
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

京都オパール

行きつけのビーズ屋さん、貴和製作所さんから「京都オパール」を買ってきました。
京都オパールは、京セラが作っている合成オパール。

京都オパール(京セラ)

で、貴和さんが「京都オパール」の代理店として、ビーズを扱ってる、ということらしい。

京都オパール(貴和製作所)

安いシンセチックオパールならビーズ材料として買ったこともありますが、そちらは天然オパールの代名詞「遊色」がほとんど見えない。
でも、京都オパールは、特殊な技術で遊色も再現されてます。
貴和さんがYouTube動画を上げて下さってるので、そちらを見るとわかりやすいかな?

京都オパール 胡粉(YouTube)


天然オパールと基本構造は同じらしいですが、水の代わりに樹脂を使って、強度も上がっているらしい。
そして、合成なので、大粒でも比較的お値段はリーズナブル。
オパールの輝きに憧れていたワタシにとって、これは天啓。
貴和さんのTwitterで存在を知って、会社帰りに浅草橋に駆け込んだのでした。
こういう時、「会社帰りに浅草橋に寄れる」ありがたみをヒシヒシと感じます。

というわけで、2組買ってきた。
150417_2059~01.jpg

色も結構バリエーションがあるので悩むよね。
リーズナブル、といっても、そこまで安い訳じゃありませんが。
 千歳緑(ちとせみどり) 両穴10o 税込1,512円
 胡粉(ごふん) 片穴6o (2個入り)税込886円
しめて2,398円ナリ。
とはいえ天然オパールは強度的にビーズにできないと思うし(←強がり)。

胡粉片穴2つは、買ってきた翌日くらいにはイヤリング金具にはめ込んでイヤリングにしてました。


やっぱりオパールっていったらこの色だよね。
ホントはピアス金具の方がデザインもバリエーションあっていいんだけど、なにせピアス穴開けてないんで選択の余地なし。

両穴の10oを千歳緑にしたのは、貴和さんのレシピをベースにネックレスを作る目論見があったから。

レシピNo.984 京都オパールのラウンドビーズ編みネック&リング
(貴和製作所)

トップ部分をビーズで編むので、ある程度まとまった時間が必要。
ゴールデンウィークの合間、テレビをBGMに何とか完成しました。


つけるとこんな感じ。


テグスがなかなかビーズに通らず、トップ部分だけで1時間半もかかっちゃった(´・ω・`)
(ビミョーに老眼始まってる模様)
それでも何とか完成したからヨシ。
これから襟首が出る服装が増える時期だし、積極的に身に着ける方向で。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドクラフト | 更新情報をチェックする