2009年06月28日

シフォンケーキメープル風味

090628_1118~02.jpg
山崎製パンの商品「シフォンケーキ メープル風味」359円也。
以前、ヨーカドーのセールで発見したのですが、ネットで調べても出てこなかった代物。
今回、近所のマルエツの朝市でまたもや発見したのでブログネタとしてUPいたします。

コチラの商品は、直径20cmくらいのシフォンケーキを半分に切ったハーフサイズ。
今回は写真の「ハーフ」しかありませんでしたが、以前ヨーカドーで見つけた時はホールサイズもありました。
味は、この「メープル風味」の他にも紅茶風味があるのです。
ふわんふわんで、「山崎製パン」という大手メーカーの商品としてはまずまずのお味。
というか、素直に美味しい。

以前ヨーカドーで買った時も「どこかで売ってないか」とネットでさんざん探したのですが、山崎製パンのサイトはおろか、ネット検索をかけても全く見つからない…
検索で出てくるのは、同じヤマザキでもコンビニ仕様の菓子パンサイズになってるシフォンケーキばかりで、それじゃないんだよぉ(つД`)
そもそもヨーカドーで見つけた時だって、なぜか「全国名産品セール」みたいな催事の一角で売っていたってあたり、おかしい。
山崎製パンって普通に全国展開のメーカーだよね?

という情報の少なさかげんに「もしや工場直営ショップとかでしか売ってない限定ものなのでは?」という想像すらしている有様。
今回ゲットした朝市でも専属の販売員さんが試食までさせて売り込んでいたので、ちょっと特殊な商品なのでは、とは思っております。

デイリーヤマザキとかなら売ってるのかしらん?
でも近所にないから確認できない…
単純に、催事専用の商品ってことなのかなぁ?
うーん謎。

ヤマザキYショップで売ってました↓
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

アルコール体質試験パッチ

お酒を飲むと、足が痛くてだるくなる。
それは、数年前からのオイラの傾向。
しかも、決まって外で飲んだ時で、家で飲むとそんなことはほとんどない。
しかも、ビールや日本酒よりは甘いカクテル系を飲んだ時に発現することが多いような…

ダーリンには「そんな話聞いたことない」と呆れられるものの、実際夜寝るのも困る程度には痛いんだから仕方ない(´・ω・`)
寝る前に熱いシャワーを当てたり揉んだりすると多少改善される気がするが、それでも痛い場合が大半なので、そういう時は痛い側の膝を折って寝ることにしてます。
確実に血行を阻害してるんですが、それで足の痛覚を麻痺させてる、のかなぁ。
とにかくそうすると寝られるんで、それでいいとは思えないけどそうするしかない、とでも申しますか。

「酒 筋肉痛」の検索ワードで調べてみる。
「アルコールを分解するのにビタミンB群が消費されるため、同じく分解にビタミンB群を必要とする乳酸の分解が遅れて筋肉痛になる」
というのが出てきた。
ビタミンB群の他にも「水分」「電解質」「タンパク質」の不足説もあるが、つまるところ「本来筋肉の疲労を分解するべきナニかがアルコール分解に使われるので痛みが出る」という意味では同じっぽい。

が、↑の説はイマイチ明確な医学的根拠があるわけではなさそうなのですよ。
調べる過程でわかったことだが、「酒で筋肉痛になる人」の比率は、実は意外に多い。
(mixiには専用コミュがあり、90人近くが加入している)
「Yahoo! 知恵袋」だの「教えてgoo」だので困って相談している人は結構いるにもかかわらず、「酔ってる間に暴れたのでは?」「痛風では?」などの見当違いな回答で済まされている場合が多々。
これだけ困ってる人がいる(ナースの方もいた)のに原因不明とはどういうことか(´・ω・`)

ただ、どうも「アルコールに弱い人」に多いっぽい。
確かに、両親ともに下戸であるオイラは明らかに酒に弱い。
酒、キライじゃないんだが、飲み会に行っても最初のビールで終了、という場合が大半で、すぐ顔は真っ赤になるし、カクテル系なんか1杯飲めばほどよく温まって終了ですよ。
しかも、酒飲んだ後のホカホカ感は顔だけで、あっという間に全身は寒くなる…
ロシア人はウオツカで体を温める、という話を聞くけど、オイラには明らかにその手は使えんな。

で、ようやく本題。
「ほんとに弱いか確かめてみよう」
というわけで、新宿ハンズでパッチ購入しました。
何故か「フィットネスコーナー」の片隅、「インフルエンザ対策」のブロックのちょっと先、体温計の隣にありました。

わざわざハンズに行かなくても楽天でも買えますが。
(楽天アフィリエイト)
お酒に強い弱いが判るアルコール体質試験パッチ【郵送可\250】


メール便だと送料も安くて済むから、ハンズまでの往復電車賃考えると通販のほうが賢いかも(´・ω・`)

説明文を読んでみた。
090519_0140~0001.jpg

日本人のうち40〜45%は酒に弱く、5〜10%は酒を受け付けない体質なのだそうな。
特に「受け付けない」5〜10%の人は、訓練しても根本的な体質は変えられないので酒が飲めるようにはならないんだとさ。
てことは、日本人のほぼ2人に1人は酒に弱い、ということか。
これは意外。
ネットでさらに調べたところ、本来人類はアルコール分解酵素がちゃんとあり、ヨーロッパ人などは100%が悪酔いしない体質なのだが、日本人をはじめとしたモンゴロイドにはアルコール分解酵素がない人が多いらしい。


いざテスト。
腕の内側にパッチを貼る。
20分後にパッチをはがして、色見本と見比べる。

090518_2311~0003.jpg

カラー見本と比べると明らかに赤くなっている。
赤さは一番上と真ん中の間くらいか?

という訳で、実里さんやっぱりお酒弱いことが立証されました。
両親も弱いし、これまでの実績からも予想はついてましたが。


……で?

「酒が弱い」からといって、「酒で足が痛くなる」の原因がわかるわけでもなく(´・ω・`)
どなたかお医者様か専門家の方が解明してくれんものかね(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

真朱焼

海浜幕張駅前の「プレナ幕張」というビルに、物産工芸館があります。
千葉県の特産品の展示即売をやってる、ちっちゃいお店です。

ぶらりとやってきた実里さんとダーリン。
ふと、店先にあった真っ赤な焼き物に目がとまる。
それは、以前「ぶらり途中下車の旅」で見かけた「真朱焼」のコーナーでした。
テレビで見て以来、ちょこちょこと見かけてはダーリンが気にしていたのがこの「真朱焼」。
鮮やかな朱色に心惹かれるものがある、とかで。

今回も「気になるんだけどねぇ」と言いながら通り過ぎかけたところ、店員さんが声を掛けてきた。
「新しいお品はもう出ませんので、もうあるだけですよ」。

えっ。
てことは、ここで買わないと、もう二度と手に入らないかもしれないのか!

という訳で、比較的お安めだったぐい呑みを購入しました。
1,500円也。
090202_1948~56.jpg


帰宅後、調べてみた。

訃報!!  千葉県伝統工芸家/日展作家 陶芸家三橋英作先生 急逝!
(「気まぐれ天狗と真朱焼」様)
真朱焼の千葉県伝統工芸作家で、日展陶芸家の陶芸家三橋英作先生が、2008年9月29日千葉県展の打合せ及び準備のための出先において、急に具合が悪くなられて急逝されました。ご冥福をお祈り申し上げます。

!!!!!

………お亡くなりになられていたのですね。
そりゃ「新しいお品はもう出ません」よね。
「真朱焼」はこの方おひとりにしか作れなかったようだし。
そうなると、こちらは遺作になるのですね。
改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

クリスマスケーキ2008

今年も、クリスマスケーキはヨコヤマさん。
ル・パティシエ ヨコヤマ
今年は「チーズ風味のブッシュドノエル」です。
081225_2035~29.jpg

081225_2045~42.jpg
タルト生地の上にスポンジを乗せ、その上にふわふわのレアチーズケーキが乗ってる感じ。
「チーズ風味」というネーミングと黄色みがかった写真から、どれだけチーズチーズしてるのかとドキドキでしたが、食べてみたら予想以上に繊細で優しいお味でした♪
ちなみに、ケーキの隣に写っているのは、先日イクスピアリで買ってきた舞浜の地ビール「ハーヴェスト・ムーン」の「クリスマスポーター」。
黒ビール系ですが、苦味が少なく口当たりのいいビールでした。
千葉の地ビールというのも他にいくつかあるのですが、ハーヴェスト・ムーンはうちのダーリンはわりと気に入っているようで、先日イクスピアリ土産でコレを買ってきたら結構喜ばれましたよ(*´▽`*)

「クリスマスポーター」はクリスマス限定のビールですが、それ以外のビールだったら楽天の「IKSPIARI ONLINE SHOP」で売ってます。
(以下「楽天アフィリエイト」のリンクです)

5/12〜【数々の賞を受賞!】イクスピアリ オリジナル 舞浜の地ビール「ハーヴェスト・ムーン...


過去のヨコヤマさんのクリスマスケーキはこんな感じ。
2007年12月24日「クリスマスケーキ」
(苺のクリスマスショート)
2006年12月30日「ヨコヤマさんのケーキ」
(苺のブッシュドノエル)

今年は昨年頼んだ「クリスマスショート」と、チョコレートケーキの「ドゥショコラ」があったのですが、予約に行った時期が遅かったのと、実里さん今年から生イチゴアレルギーが時折発現するためとでこのチョイス。
予約に行ったのは確か11月の下旬でしたが、その頃には既に「クリスマスショート」は全滅してました。
早すぎるよΣ(゜д゜lll)

後日、12月23日にふらりとヨコヤマさんのお店に行ったところ、大行列。
081223_1435~51.JPG
入り口で、サンタさんがこんな札を持って座ってました。
クリスマス期間中は、名物の岩シュー、谷津ロールの販売はナシ。
クリスマスケーキの当日売りとカットケーキ10種、焼菓子の販売のみとなってます。

とはいえ、意外にも日中の早い時間であれば、ショーウィンドウの中に当日分のクリスマスケーキが山積になっておりました。
クリスマス時期は入店制限がかかっているので入店まで多少時間がかかるのと、入店できてもかなりの大混雑が予想されるのですが、予約に出遅れてしまっても、頑張れば当日売りのケーキがゲットできそうです。
もしホールがダメでも、クリスマス時期は普通のケーキもちょっとバージョンアップしたのが売ってます。
081223_1529~16.JPG
(左手奥から)
・サンタプリン(395円)
・レアチーズ(390円)
・貴婦人ロール(320円)
(手前)
・xmasアルハンブラー(160円)

貴婦人ロールは通常販売ものと全く同じですが、それ以外はみんなクリスマス仕様でちょっとお値段もアップしています。
特にアルハンブラーは通常ものが105円なので、ずいぶんスペシャルになってます(笑)
クリスマスケーキの予約に間に合わなかった人も、一度ダメモトでお店に足を運んでみるといいかもしれません。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

クリスマスイルミ

新宿ハンズに行く用事があったので、ちょっくら新宿南口のイルミネーション見てきました。

まずは新南口から新宿タカシマヤ脇を抜けてハンズへ行く途中。
毎年ここは、サーカスをモチーフにしたイルミネーションをつけてますね。
081224_1835~59.JPG

081224_1836~13.JPG

081224_1837~06.JPG

081224_1837~50.JPG
これはぞうさん。
他にもサルだの何だの、曲芸の形をしたオブジェがたくさんあったのですが、なにぶん人が多くて、オブジェの前で記念撮影をするカップルやファミリーが常に絶えず、とても写真が撮れませんでした(´・ω・`)

買い物終了後、サザンテラス側を回って帰ることに。

081224_1855~57.JPG

081224_1856~50.JPG
JRビルの前には、Suicaペンギンのイルミ(笑)

081224_1856~24.JPG
青色のイルミネーションが増えたのはいつくらいからかしら。
微妙に寒々しいと思うのは私だけかしらん。

081224_1858~29.JPG
さすがに新宿は行きかう人が多く、この光文字の撮影も一苦労。
結局やや高い場所から俯瞰気味に撮影。

081224_1858~43.JPG
いやはや、さすが新宿は人だかりがすごい。
ラブラブカップルが携帯片手に写真を撮ってるのも見えましたが、三脚を持ったご年配の方もおられたりして、とにかく写真を撮る人がすごく目立ちました。
かく言うオイラもそうですが。

オマケ。
081225_1853~06.JPG
新宿を見た後で船橋のイルミネーションを見たら、どうしようもなくショボく見えた件(´・ω・`)
まぁ比べちゃいかんわな。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

誕生日

当日を過ぎてから、コッソリUPです。
(そろそろアピールする歳でもないし)
例によって、ご近所のおいしいケーキ屋さん「ル・パティシエ ヨコヤマ」で「石畳」のホールをバースディケーキとして買ってもらいました(*´▽`*)
ishidatami2.jpg
レギュラー商品として、ちょこちょこホールケーキのショーケースに飾られてます。
生の果物アレルギーのオイラには打ってつけ、という噂。

ダーリンと一緒に買いに行ったのは、誕生日前日、19日の夜のこと。
「もしなかったら、明日の分でお取り置きしてもらおう」と話しながら閉店間際のショーケースをのぞいたら、ぽつねんと本命のコレが残っていた。
「待っててくれたのね(≧▽≦)」
てな訳で即お持ち帰り♪
閉店間際でしたが、ヨコヤマさんは快く名入りのプレートを飾ってくれました(*´▽`*)
ishidatami1.jpg
(本名ゆえまたモザイク入り)

お味。
ishidatami3.jpg
チーズの入ってないティラミスみたいです。
薄めのスポンジで区切った上半分がチョコクリーム・下半分が生クリーム、という感じ。
クリームとスポンジがふわんふわんで、見た目に反して予想以上の軽さ!
まぁヨコヤマさんですから、クリームとスポンジのおいしさは折り紙つきですよ。
ダーリンありがとう(*´▽`*)

この1年、まあまあ恙無く過ごして参りました。
日々平凡に穏やかな日常が送れれば、それが一番幸せな気がする今日この頃でございますよ。
今後ともよろしゅうに<(_ _)>
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

富山旅行・その後

先日、ようやく富山旅行の顛末がブログにアップできました。

富山・宇奈月旅行(1)
↑が「1」で、記事の最後に次の記事にリンクを張ってあります。
4まであるので、お暇な方だけどうぞ(笑)

んで、その後の話。

旅行後、ダーリンがすっかり富山が気に入ってしまったので、旅行の翌週、有楽町にある富山の物産館へ行きました。
でもって、富山で買いそびれたものなど買いました。

080906_173638.JPG 080906_173712.JPG
塩ソフト。
宇奈月駅前のお土産屋さんで見かけたのですが、結局買わなかったので。
甘いけどしょっぱい。
塩のおかげか、心なしかさっぱり感。

080913_123904.JPG DSC02472.jpg
2日目のお昼、白えびの天丼を食べた「白えび亭」を経営している白えび屋の商品、えびせんべいの「誉(ほまれ)」。
えびの風味が豊かで、高級なかっぱえびせん(失礼です)って感じのお味。
ダーリン、これがいたく気に入った模様。
ちなみに背後にあるペットボトルのお茶も、これまた富山市内で見かけた「おわら桑摘み茶」です。
桑の葉のお茶でノンカフェインらしいのですが、個人的には初めて杜仲茶を飲んだときのことを思い出しました。
ちょっと変わった風味で、苦味がないお茶でした。

他にもいろいろ物産館をのぞいて結構面白かったので、今後は各地の物産に心憧れる予感。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

図書館待ち

ハリポタ最終巻。
発売後、会社の近くの区立図書館では発売直後では予約ができなかったので、ほぼ毎日図書館のサイトをチェックしてました。
なのに、気づいた8月1日の時点で既に135人待ちorz
そして、それから1ヶ月近く経ってもまだ行列は10人しか進んでません。
ちなみに、今日現在での待ち最後尾は171番目らしいです。

その予約を5組で裁こうってところが問題で。
東京のど真ん中で、区全体で5組しかないってのもどうよ。
と思って試しに調べてみたところ、
・千葉市:所蔵55冊/1588人待ち。
・世田谷区:所蔵54冊/1123人待ち。
だそうな。
居住者の多そうな郊外の自治体は所蔵冊数も桁違いですが、それに比例するように待ち人数も桁違いことが判明です。
ただ、冊数に対する予約待ちの人数の比率を見るに、どうやら一応、予約に見合っただけの数を購入してるっぽいですな。


続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

ゲリラ雨

最近、突然土砂降りの大雨になることが多いですね。
そういう雨を「ゲリラ雨」というんだそうで、私はニュースで初めて知りました。

昨日の東京は、そりゃもうひどいものでした。
下は、昼休憩のチャイム直後に、会社の窓から撮った動画。

変な雑音と飛行機の音、ではなく、土砂降りの雨と雷の音です。
画像粗くて意味ナシ(´・ω・`)

そして、その頃の東京電力の「雨・雷観測情報」を見てみよう。
ゲリラ雨.jpg

ひでーなコレ(´・ω・`)


前日に、津田沼駅の信号に落雷して止まった総武線各駅。
今日は、阿佐ヶ谷だかなんだかの架線が切れてまた止まったそうな。
おかげで2日連続で帰路に影響が出ました。

急に大雨が降ると、河川が急激に増水して水害が発生するので困りもの。
この100年で、所謂「ゲリラ雨」こと集中豪雨は25%増だとか。
増えすぎです(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

ねんきん特別便

会社経由で、噂の「ねんきん特別便」が届きました。
早速開封。
080729_1734~0001.jpg

実里さんは、大学卒業後就職した会社に今日まで居座っているため、記載されている項目は
・20歳〜22歳:国民年金
・22歳〜現在:今の会社の厚生年金
と、非常にわかりやすい感じです。
というわけで、特に実里さんの年金には記載漏れはありませんでした、マル。

……と言いたいところですが、ここで問題。
上の写真の赤の四角で囲った部分。
数字が上下二段に書かれ、上段が29、下段は30となってます。
わかりにくいのですが、調べてみたところ、上段は国民年金の納入扱いになっている月数・下段は国民年金の加入月数の模様。
ということは、ワタクシの国民年金には1ヶ月だけ未納期間がある、ということ。
更に視線をその左に転ずると、「納入扱い」になっている29ヶ月の内訳が「納付済月数」が5、「全額免除月数」が24となっていることがわかる。

さて、十数年前の記憶を掘り返してみました。
確か、当時「収入のない学生に国民年金払えだなんて」と半ば踏み倒し気味だったところで「学生の免除制度がある」と聞き、慌てて手続きしたのです。
その制度を知ったのがかなり遅く、免除制度が適用できなかった月数のうち、納付期限内だった分は納付した(たぶんこれが「納付済月数」の「5」)ものの、加入当初までは遡れなかった(たぶんこれが未納分)ことと、「免除制度で払わなかった分は後から追納もでき、追納しない場合はもらえる年金がちょっと減る」という説明を受けた記憶は確かにある。

で、現在へ話を戻す。
どうやらその「追納」ができるのは、10年以内だったらしい。
既にワタクシの年はミソジをとうに過ぎ、気づけば追納は不可能。
そして、1ヶ月の未納分も、今更納付はできない模様。
(そこが追納できるんだったら、十数年前の学生免除制度申請時にとっくに精算してるわな)
ネットで検索すると、実里さんと同様に免除申請をした人の多くにはちゃんと10年目の期限前に「追納の期限が迫ってますよ」という社会保険庁からの手紙が届いていたようなのだが、そんなの来てたっけ???
さすがに社会保険庁からの手紙なら、見落とすなんてことないはずなんだけどなぁ。
その頃、ちょうど何度か引越しを繰り返していた時期だったし、事によったら転送がうまくいかなかったのかしらん?
まぁ、仮に届いていたとしても推定40万円前後の大金を追納したかどうかは怪しいですが。

とりあえず「年金記録の記載漏れはない」ということだけはわかりましたが、なんかビミョーに釈然としない事実も判明し、なんか複雑れす(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

夏空に飛行船

会社にて。
急ぎの郵便物を投函に行く途中、何となく夏の空を見上げてみた。
キレイだねぇ夏空♪

なんて思ってたら、その空に浮かぶ飛行船発見Σ(゚Д゚;
ボディに「docomo」のロゴが描かれた白い飛行船は、夏空をふわふわ漂うように、ゆっくりと空を横切っていきました。
携帯を持ってれば写真撮ったんだけどなぁ……

調べてみた。
どうやら「日本飛行船」という会社が所有している「ツェッペリンNT」という飛行船らしい。

「日本飛行船」サイト
http://www.nac-airship.com/

しかも、てっきり広告として飛んでるだけかと思ってたら、あの飛行船はしっかり「首都圏遊覧クルーズ」らしいです。
JTB西日本が代理店となって、クルーズの予約も受け付けてるそうな。

「日本飛行船/飛行船クルーズのご案内」
http://www.nac-airship.com/cruise/

気になるお値段。
最安の「デイフライト/トワイライトフライト(平日)」で、90分のフライトで148,000円也。
無論これはひとりあたりのお値段で、なおかつ大人・子供同額。
「夏休みの思い出に」なんてファミリーで乗ろうと思ったら、お父さんのボーナスが一気に吹っ飛びそうですね。

更にぶっ飛びなのが「プレミアムナイトフライト(花火鑑賞コース)」で、同様に210,000円也。
確かに花火大会を空から眺められたら楽しかろうが、そこにひとりあたり21万、ですか…
カップルで花火大会、というのも優雅ですけど、二人分ともなれば、ちょっとした婚約指輪が買えちゃいそうな予感…

庶民な実里さんは、とりあえず地に足つけて、空に憧れて眺めてだけにとどめるのが一番っつーことですな(´・ω・`)
(ボーナス手取りが月給1ヵ月分とそれほど変わらない不景気っぷりだし)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

Wikipediaのネタバレ

ハリー・ポッターシリーズの最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」の翻訳版が発売されました。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
松岡 佑子

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
静山社 2008-07-23
売り上げランキング : 1

おすすめ平均 star
starハリーポッターと死の秘宝
star読み終えて・・・・・・
starただただ、終った・・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

発売前日、津田沼の駅ビルに入ってる「くまざわ書店」へ行ったら「発売日は朝5時から販売」というスゴい貼り紙があってビビる。
しかも、お店を眺めてた5分くらいの間に、店員さんが「今から予約できますか」という電話を受けてるのを耳にしたよ。
何だかんだで大人気らしい。
どうせオイラは図書館で1年待ちとかで読むことになるでせうが。

ところで、以前何気なくWikipediaで「ハリー・ポッター」関連の記事を眺めていたら、最終巻のネタバレと思われる「最後のホークラクス」がサラッと書いてあって仰天した覚えが。
確かに英語版は発売してたけどさ(´・ω・`)
せめて日本語版が出るまではやめてほしかったですよ…

Wikipediaには「以降の記述で物語・作品に関する核心部分が明かされています。」なんて注意書きがちゃんとあります。
とはいえ、例えばハリポタ1巻「賢者の石」のに関するWikipediaの記事を見ると、物語の結末まで完全にネタバレ状態。

【参考:「Wikipedia」での記述】
「ハリー・ポッターと賢者の石」
↑未読で「いつかは読みたい!」という人はスルー推奨。

ここまで完全な粗筋って、一度読んだ後で「あの話どうだったっけ?」って思い返すにはいいんだが、未読の人がうっかりネット検索結果で見かけちゃったらショボーンじゃないのかねぇ。
ハリポタは読者も多いし、Wikipediaを編集したくなる人も多いんだろうけど、あそこまで微に入り細に入り書きつくすのってどうなんでしょ。
最終巻並びにシリーズに関する記載がどうなってるかも気になるところですが、読破した方は確認してみて下さいませ↓

ハリー・ポッターシリーズ
ハリー・ポッターと死の秘宝
(※いずれもWikipedia:たぶんネタバレ注意)

ちなみに、たぶんオイラは1年後くらいまで最終巻が読めないので、上記のリンクは無論確認してません(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

一番バトン

学生時代のお友達、バニーちゃんから「一番バトン」というのをもらいました。
バトン、回すのは不得手ですが、答えるだけなら…


続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 18:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

大会報告が…

6月29日(先週の日曜日)の「nintendogsすれちがい大会@ヨドバシカメラ秋葉原店」に参加したものの、まだ参加報告が書き終わらない…
終わって1週間経つと言うのに、結局今日も終わらなかった…

何とか、ここ1両日中にはアップしたいと思うのです。
もうしばしお待ちくださいませ。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

船橋にバーガーキング

久々ブログ。

「バーガーキング」というファーストフードチェーンがあります。
先日「日本再進出」で話題になりました。

実里さんが学生だった頃、「バーガーキング」は大学の最寄り駅にもありました。
わりとボリューム感たっぷりだったので、当時の実里さんはむしろマックかミスドにばかり行ってましたが。
日本撤退とともに閉店し、あとにはオサレなレストランができてしまったらしく、今ではその面影は跡形もありませぬ。

で、また日本再進出、ということで。
その話を聞いたうちのダーリンが、非常に憧れていたのも先日の話です。

で、本題。
京成船橋駅前に、その再進出のバーガーキングができるのです。
東京都外初出店、だとか。
先日、某所で聞いて半信半疑で検索かけたところ、オフィシャルサイトはまだ記載がなかったが求人サイトがヒット。
更に、予定地(ロッテリア跡地)に貼り紙発見です。
080619_1914~0001.jpg

そして、オフィシャルにもようやく「京成船橋店オープン」の記載が出ました。
http://www.burgerkingjapan.co.jp/
6月30日オープン確定です。

↑の話を家でダーリンにしたところ、まさに驚喜乱舞(笑)
ワッパーに憧れてやまない模様。
オフィシャルにはコーヒー無料券もあることだし、できたら一度は行きますかな。

【追記】
その後、開店翌日の7月1日に行ってみました。
レポは↓からドゾ。
バーガーキング船橋店
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

品川でお食事&エキナカ体験

先日結婚した友達夫婦が、新婚旅行のお土産を買ってきてくれた、というので、ダーリンとふたり、ちょっくら品川へお出かけ。
この日はあいにくの雨でしたが、さすがは品川。
ほぼ雨にぬれることもなく、お店もかなり選択肢がありましたとさ。

この夫婦と我々は、高校時代からの付き合いです。
嫁のYさんと実里さんは高校卒業後も継続してちょこちょこ遊んでましたが、旦那であるFくん及びうちのダーリンは、それぞれ高校卒業後10年くらい没交渉でした。
ゆえに、この4人で会うようになったのはここ数年の話。
にもかかわらず、彼らが出会うと高校時代そのままにバカ話が始まるのがすごいところです( ゚д゚)
(君達変わらないねぇ)

1月に結婚式に出た時は、実里さんが受付・ダーリンが余興、と、それなりにお式に一口噛んでいたので、そのお礼ということらしい。
詳しくはその日の記事をドゾ。(→「お友達の結婚式
ドイツ・スイス・フランス9日間の旅だったそうで、厳選された写真も拝見。
成田の近くに住んでいながら渡欧経験どころか脱日本経験すらない実里さんとダーリンは、「ノイシュバンシュタイン城は内装がキテレツ(でも内部は写真撮影禁止)」だとか、「ノートルダム寺院のステンドグラスは桁外れにすごい」だとかの話を聞かされつつ、ルーブルの「ミロのビーナス」のお尻の写真とかを眺めていたのでありました。
(昔、藤本ひとみのティーンズ向け小説「愛の迷宮でだきしめて!」を読んで、「ビーナスのお尻」に憧れた人もいるはずだ)

全体的に、ドイツやフランスの建築物ってのは「石造りの文化」ですな。
豪奢に飾り付けられた建物がそこかしこに普通に建っているらしい。
Yさん曰く「豪勢な塔がぼーんとあっても、みんな当たり前だから説明もしてくれない」とのことで。
とりあえず写真を見せてもらっただけでも、所詮日本の西洋建築は「西洋かぶれ」のレベルに過ぎない、というのをしみじみ実感しました(´・ω・`)
日本だと、街中に1個2個キレイな西洋建築があったところで、一歩引いたら両隣が無機質な鉄筋ビルなのが当たり前ですから。
(例:札幌時計台)

お店も空いてたので2時間くらい居座って、友達夫妻と別れる。
せっかく品川まで来たので、ダーリンと「エキュート品川」をのぞいてみた。
と、「コールドストーンクリーマリー」を発見!
ほとんど列もできていなかったので、早速並んでみました。
(5分も並んでないな)

s_HI3A0097.jpg
という訳で「ファウンダーズフェイバリット」を「ライクイット」(最小)サイズ・ワッフルボールを頂きました。
それほどお腹も空いていなかったので、ふたりでひとつ。
(だからスプーンが2本ね)
結構濃厚です。
ワッフルボールのパリパリ感とアイスのクリーミィ感がイイ感じ。
実里さんよりダーリンの方が気に入ってる感じでした(笑)

後はあちこちのぞく。
お店のラインナップは女性向き?
最後に、おにぎり屋さんでおにぎりをいくつか買って帰りました。
おにぎりの味は、まぁ普通。
とはいえ、エキナカがあれだけ充実してるのは、さすが品川。
東京駅の「グランスタ」も結構お店がたくさんあるのですが、いずれも大混雑、というのは同じ。
中のお食事どころなんか、狭いくせになかなか席空かないし、しみじみ大盛況でした。
そりゃーエキナカ店舗の課税額を増やしたくもなるよなぁ。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

バッテリー(ドラマ)

今NHKでやってるドラマです。
実は南房総市の、私が1年だけ通った中学がロケ地です。
その頃の初恋の男の子が野球部だった、ということもあり、原作も知らないのですがちょこちょこ時間が取れたら見ています。
但し、このドラマの舞台は和歌山県らしいですが、ロケ地で「道の駅富楽里」が登場したりして、地元民な私には、どう見ても南房総市での話にしか見えない件。
そういや、いつぞや別のドラマでも「北海道の山」と称して南房総市の山奥をロケ地に使ってたことがあったけど、どう見ても植生が温帯のものだったっけ。
それに比べたら、「気候が似てたし、黒潮に乗ってきたついでに紀州から移住しちゃった」な漁師さんが発祥という安房白浜・勝浦なんかもあるくらいですから、それほど違和感はないのかしらん。
昨日も何となくチャンネル替えたらやってたので、何となく視聴。



以下ややツッコミ。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

ペーパードライバー教習


自慢じゃないが、ペーパードライバー歴10年あまり。
学生時代に免許を取って、その後ちょろちょろっと乗ったものの、若葉マークを外す自信が持てないうちにだんだん乗らなくなり、現在に至る(´・ω・`)
だって実家に帰らないと乗れないし、実家の車マニュアルだし。
(注:一応免許はマニュアルで取ってます)

最近は専らダーリンに運転を任せっきりだったのですが、ダーリンは最近バイクにご執心。
「車なんか渋滞するし環境にも悪いし維持費もかかるし」と言い出し、果ては「車は処分して、実里さんはバイクの免許取りなさい」とまで言い出す始末なので、慌てて私が運転の練習をすることになりました。
とはいえ、何せペーパードライバー歴10年あまり。
おうちの車で公道へ出るにはあまりにおっかないので、近所の教習所のうち「ペーパードライバーコース」を開設している所を探していざ出陣。

私が選んだのは、津田沼駅から程近いT教習所。
入学金が2万もかかりますが、その分ちゃんと「ペーパードライバーコース」だし。

と思って行ってみたのですが、意外にフツーでした。
一般の教習生が持ってる教習原簿に比べてだいぶチャチな緑の二つ折りの原簿もどきを作られ、あと教習予約システムの説明をされて終わり。
(入学金の2万円は、たぶん教習予約システム費用)

当日の予約は取れないので、このまま帰ろうかとも思ったのですが、最後に「キャンセル待ちされますか?」と聞かれました。
聞けば、あと10分くらいで次の教習時間で、今からキャンセル待ちで次の教習の空きに乗れるかも、とのこと。
見れば次のキャンセル待ちは1人だけだったので、思い切ってキャンセル待ちしてみたところ、あっさりと配車完了。

久々の教習車の教官は、一瞬見た目怖そうなおじさん。
ドキドキしながら教習開始するも、実は結構気のいいおじさんでした(笑)
まずは車に慣れねば、という訳で、この日は所内をぐーるぐる。
慣れてきたところでS字だのクランクだの入らされてドッキドキ。

久々の教習所も、結構面白かったです。
私が免許を取った教習所は普通免許オンリーだったのですが、今回の教習所は自動二輪も同じコースを走っているのでちょっと新鮮だったり。
前にハザード出して走っている教習車がいて「?」と思って教官のおじさんに尋ねたところ「あれは危険予測の車だよ。もうちょっと行くと中央線をはみ出して急ハンドル切るから」とのこと。
少し離れてノロノロ走っていると、教官のおじさんの言うとおり急ハンドルで急停止!
おおおおおー。
と思うと、突然目の前でプスンとエンストです。
そういや私、仮免試験の坂道発進でエンストして後ろに下がって、そのまま検定中止になったっけなぁ…
(注:坂道で1m以上後ろに下がると検定中止…だったはず)

危険予測の車が脇道によけたところで、しばらく順調に走行していたのですが、もうしばらくすると恐ろしく徐行運転な車が目の前に現れました。
「これは、実技2時間目くらいの人だねぇ」と教官のおじさん。
確かに「おっかなびっくり」という言葉がぴったりなハンドルさばきです。
私も初めて教習所で運転席に座ったときは、ボンネットより前に目線が向けられなかったもんねぇ。
いろいろ懐かしく思い出しつつ、かくいうオイラもペーパードライバーなんで、あんまし教習生さん達を笑えませんて(´・ω・`)

そんなこんなで気づけば1時間が経過しており「思ったより大丈夫そうだから、次回は路上へ出てごらん」てな感じで初回教習終了と相成りました。
とりあえず予約はまた来週の日曜に取っていますが、あと何回乗ることになるかは不明。
教官のおじさんには「既に免許は持ってるわけだし、何回乗らないとダメってことはないから、自分が納得いくまで練習すればいいと思いますよ」と言われました。
とりあえず、もらった教則本とか読み返しながら来週に備えます。

結構脱力して帰宅。
ダーリンに顛末を話すと、彼はニヤリ。
「てことは、操作ではなく状況判断が今の問題点ということだね」。

スパルタの予感Σ(゜д゜lll)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

迷惑メール増加

昨年11月に「迷惑メールいろいろ」という記事でも触れた、迷惑メールの件。
会社のメルアドに来るスパムメール、あの頃は1日にせいぜい20通でしたが、新年度に入るとともに「1日100通」の大台に乗りました(´・ω・`)
メーラーに入る前に「Spam Mail Killer」がほぼ全て除けてくれるのでまぁよいのですが、これ入れてなかったらどうなるんだよ。
会社のメルアドなんて「苗字+会社ドメイン」だから簡単に変えられないしさ…

という訳で、現状の「Spam Mail Killer」の管理画面です。
(クリックで拡大)
s_SMK080407.jpg
毎朝出勤してパソコン開けると、こんな状況で。
一晩でごっそり60通くらい来ます(泣)

昨年11月以来、1日に何通来るか数えておりました。
今回、さくっと増加のグラフなど作成してみましたよ。
(クリックで拡大)
meiwaku_graph .jpg
じわじわ着実に増えてますな。
年末年始には減ってたので「スパマーにも年末年始があるのねー」なんて変な感心もしましたが、所詮は一時的な減少。
多少増えたり減ったりしつつも、じわりじわりと増えております。

内容としては、今のところは英語と日本語が半々くらい。
日本語メールの大半は中国サーバ経由です。
(迷惑メールの99%は海外サーバ経由ですが)
特に「yahoo.com」ドメインから来るものは、同じ内容が同じ日に3通くらい来て呆れるばかり(´・ω・`)

今後、増えることはあっても減らないんだろうなぁ迷惑メール。
何通送って、何人がうっかり反応しちゃうのか知りませぬが、その「うっかりさん」がいる限りは消えないんだろうねぇ。

男性にとっては「毎日が退屈なので」とか「援助もできます」とかいう話はそんなに魅力的なのかね。
世の女性方の大半は、いくらヒマでも、まずそういう方向に金は使いませんよ。
競馬やパチンコで儲かる「ウマい話」っぽいメールも結構来るけど、もし本当にウマい話なら、わざわざ知らない人に教えるよりは独り占めすると思うんですよね。
どーせ連絡取ったところで「情報提供料」で高値ふっかけられるのが関の山。
そもそも「ウマい話」が不特定多数に送られてくる訳がない。

前々から思ってるんだが、こういう「ウマい話」を装ったスパムって、どうして悉く(海外のものすら)男性向けなんだろうねぇ。
女性よりも男性の方が夢見がちなんでしょうか。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ご近所猫図鑑

うちの近所は猫天国。
アパート周りだけでもノラっぽい子が5匹はいます。
首輪をしている三毛やサビ猫なんかも見かけるので、たぶん近所に猫好きの人がいるのではないかと。

うちの近所に限らず、先日線路の向こう側の公園に行ったら、やたら人に馴れた首輪ナシの猫が4匹丸くなってたし、うちから駅まででもちょろちょろ猫を見るので、ことによったら猫好きの多い土地柄なのかもしれませぬ。

以下猫画像につき、猫好きの方のみドゾ↓
タグ:
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする