2016年08月12日

捻挫2016

またもや足元不注意で転んで捻挫しました。
歩きスマホ、絶対ダメ(´・ω・`)

今回の原因。
「慣れない経路で慣れない病院に行くのにGoogle Mapガン見しながら歩いてて、日陰を通りたいがためにビルの軒先を歩いてたら段差に気づかなかった」。
結果、階段一段分の段差を転げ落ちた拍子に、左足首をグキッ。

しばらく痛くて立ち上がれない。
転んだ瞬間、足首の筋が「ピキッ」という感覚があったので、「あ、これアカンやつだ」と観念(´・ω・`)
この日は別の事情で形成外科に向かっていたのですが(それもまた追々書く予定)、予約の時間が迫っていたため、まずは最初の予定通り形成外科へ。
冷や汗ダラダラしながら膨れてくる左足首を庇い、何とか形成外科の用事を終え、改めて形成外科で教えてもらった、近所の整形外科に駆け込むこととなりました。

半ば這うように辿り着いた整形外科ではレントゲンを撮り、予想通りの「捻挫」の診断。
テーピングをがっちりしてもらうと、何とかかんとか歩けるように。
DSC_2957.JPG

前回別の病院では松葉杖も貸してもらえませんでしたが、今回は「ロフストランドクラッチ」という杖をレンタル(1日100円・最初に保証金として5,000円払い、返却時にレンタル料を差し引いた額が返金)することに。
なお、「ロフストランドクラッチ」って、こんな杖。
DSC_2974.JPG
あー、よくケガした人が使ってるヤツ、そういう名前だったのね。

本来午前半休で形成外科に行って、午後から出勤の予定だったんですが、辛いんでそのまま帰宅(´・ω・`)
転んだ日は金曜日だったので、そのまま土日はずっと家で足を冷やしてました。

捻挫5日目くらいになると、だいぶ内出血が残念な感じになってきた。
DSC_2983.JPG

DSC_2989.JPG

うーんん(´・ω・`)

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

ヘアドネーション

2年ほど伸ばしっ放しにしてた髪をバッサリ切って、「ヘアドネーション」という形で寄付してきました。
151212_1350.JPG

31cm以上の髪を、病気で髪を失った子供達のウイッグの材料として寄付する活動です。
「ヘアドネーション」を知ったのは、ほんとについ最近。
美容院に行くのを先延ばしにしてたうちに引っ越して、転居先での美容院に迷ってるうちに早数ヶ月、というありさまだったのですが、たまたまテレビで「ヘアドネーション」を紹介してました。
詳しくは、日本で唯一ヘアドネーション活動している団体、JHDACのホームページをご覧くださいませ。

JHDACの活動と「ヘアドネーション」について(公式サイトより)

たまたまワタシの髪は、腰にかかるくらいのそこそこのロングになってたので、まさにうってつけ。
JHDACのサイトで賛同美容室を探したところ、ちょうど千葉にあったので、早速予約して行ってきました。

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

乳がん検診

例年この時期に行ってる乳がん検診に、今年も行ってきました。
ここ数年、会社の健康診断で「乳房に嚢胞を認める」って毎年言われてる&母親が乳がん罹患歴あり、ということで、母が乳がん手術した10年前から毎年自腹で検診行ってます。

毎年この時期はピンクリボン運動中なことに加え、今年はとある有名人の方をきっかけに乳がん検診への関心が一気に高まったため、かなり混雑してました。
ワタシが毎年検診に行くクリニックには「混んでるので受付時間を短くします&医師の選択はできなくなりました」という貼り紙が貼られてた上、それまでスリッパ制だったのに今年は土足OKになってたり、前に比べて待合室の椅子が大幅に増えてたり、患者の急増に苦慮しているらしい様子が感じられます。
(体感としては、例年比1.5倍)
ココのクリニックは乳腺専門クリニックのためか、予約なしで当日結果を知ることができる、というのも混雑の理由なんだろうなぁ。

結構待たされたものの、超音波検診とマンモグラフィも無事終了。
マンモグラフィは一方向のみ。
月経周期を読めば、マンモグラフィも大して痛くありませぬ。
ポイントは月経周期1〜2週目くらいに検査を受けることなんだが、予約制だとなかなかそこを狙うのは難しいよねー(´・ω・`)

最後に診察。
「もともと乳腺が多め」というのはあるらしいのですが、とはいえ今年もしこりや石灰化もなく、晴れて無罪放免。
クリニックを出たのは、受付の3時間後でした。

うちの母は、60歳だった10年前、市の検診で初めてマンモグラフィを受けて乳がんが判明(ステージIIa)し、手術で左胸全摘しています。
10年経った今は経過を見るために数ヶ月おきに病院に行くだけですが、手術後の痛みや抗がん剤治療の辛さは、よく聞かされたました。
20人に1人が乳がんになる、というこのご時世、ましてや母親が罹患者たるワタシのリスクはわりと高いと思うので、毎年ビクビクしながら検診に通っているのです。
(がん保険の女性特約まで入ってる)

  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

引越し

このたび、習志野市から千葉市に引越しました。
一見通勤が不便になったように見えますが、以前は西船橋で20分も各駅の始発を待ってたせいで思ったより時間がかかってて、それがなくなったぶん、朝家を出る時間はむしろ遅くなってたりします。
千葉駅より先に引っ越したので電車の本数は激減しましたが、千葉から始発を待たずとも余裕で座れるんで、通勤はむしろラクになったかな。

移動距離が10kmくらいだったんで、業者には冷蔵庫とかの大物だけ頼んで、あとはちまちまとレンタカーで荷物を運び出したのですが、これが結構な大仕事。
段取りや実際の運び出しはほとんどダーリン頼みだったのですが、引越しのストレスでか、クライマックスで持病、痛風が発動してしまいました(´・ω・`)
旧居引き払い後はほとんど身動き取れない事態に陥り、1週間くらいは片付けもほとんどできずに段ボールの隙間に布団を敷いてるような有様……
ダーリンの痛風がようやく落ち着いてきたので、これからボチボチ片付けていきますかな。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

胃腸炎

もともと、あんまし胃腸が強くない。
ちょっと暴飲暴食すると、すぐ胃がもたれるタイプです。
しかし、今回は全く身に覚えのない胃腸炎に苦しんでる(現在進行形)、という話。
キレイな話じゃないので畳んでおきます。

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

鼻から胃カメラ

今年の健康診断では「経鼻内視鏡」が選べる、というので、やってみることにした。
5年ほど前に胃が痛くて胃カメラやったらポリープ2個が発見された前歴もあるんで、せっかくタダでできるんならやってみるか、という感じで。
だって胃のレントゲンって結構辛いじゃないですか!
以前口から胃カメラ入れた時も喉の麻酔が結構辛かったですが、鼻からの方がラクと聞いたので、そんなに心配もせず。
2週間前に事前の血液検査とかされつつ、当日を迎えました。

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

サヨナラ奥歯

左上の奥歯を抜きました(´・ω・`)
虫歯で神経を抜いた歯の歯根がダメになったらしく、やむなく抜歯と相成った次第。
顛末は長くなるので畳みます。



続きを読む
タグ: 健康
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

アレルギー検査(2度目)

話は先週の月曜日に遡る。
「耳に何かできてる!」と気づいたのはその1週間ほど前のこと。
最初は左耳の耳の穴よりちょっと外側が痛いな、程度だったのですが、次第に触るとぷよぷよ感が感じられるようになってきた。
電話が当たるとちょっと痛い。
ダーリンに見てもらったところ、「うわっ」と驚いてます。
携帯で写真撮ってもらってみたら、そこには直径1センチくらいの青黒いできものが鎮座してましたΣ(´д`ノ)ノ

たぶん、化膿してるので、それが潰れればよくなる、と思う。
でも、このサイズだと、下手をするとXデーには結構なスプラッタになる予感(´・ω・`)
というわけで、心配性のオイラは大人しく耳鼻科へゴー。

以前にオイラの喉の膿を剥ぎ取った耳鼻科医。
「何かいじったね」と言いながら、バキュームで膿を吸い取って下さいました(無論痛い)。
抗生物質を塗り塗りされて、飲み薬で抗生物質とロキソニンを処方されたのですが、会計途中で傷口からいろいろ垂れてくるスプラッタぶり(´・ω・`)
どっちにしてもスプラッタは避けられなかったと言うことか……

耳鼻科ついでに、アレルギー検査も頼んでみました。
10年ほど前に別の耳鼻科で検査したときは少なかった検査項目も多彩に。
前はなかった「スイカ」も入ってました。
最近発症した「マカダミアナッツ」は入ってなかったですが。
(ナースも「メジャーなナッツなのに」と不思議がっていた)
この検査のせいで会計が5,000円オーバー。
で、1週間後の今日、検査結果もらってきました。

アレルギー検査報告書
ヤケヒョウヒダニ 42.50 クラス4
コナヒョウヒダニ 31.90 クラス4
ハウスダスト1 31.60 クラス4
すぎ 10.30 クラス3
しらかんば(属) 7.14 クラス3
はんのき(属) 5.61 クラス3
リンゴ 2.24 クラス2
ネコ皮屑 0.98 クラス2
すいか 0.71 クラス2
CAP イネ科−マルチ 0.70 クラス2
ヒノキ 0.46 クラス1
バナナ 0.34以下 クラス0
アボカド 0.34以下 クラス0

【参考:2003年のアレルギー検査報告書】
アレルギー検査報告書

【9年前の記事】
春先の耳鼻科(2003年2月27日)

……まぁ、だいたい想像通りでしたね(´・ω・`)

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

喉に膿

2週間くらい前から、喉が痛かった。
風邪が喉からのタイプなんで「あれ、また風邪かなぁ」なんて思っていたのだが、どうもいつもより痛みが長引く気がする。
朝起きるとちょっと痛い気もするけど、午後から痛くなったりもするし、どうも痛み方も法則性に欠ける。

先週の金曜日。
「なかなか治らないなぁ」と思い、ふと思い立って、洗面所の鏡で喉の奥のぞいてみた。

なんか喉の奥に白いナニかがへばりついてる!Σ(゜д゜;


右の奥の方がでかいけど、よーく見れば左の奥にもついてます。
これはヤバイのではないかと思い、週明けに会社近くの耳鼻科に駆け込む。

初診の耳鼻科。
初老の医者は、私の喉をのぞくなり「膿ですね」と。
そして、こともなげに「取りましょう」とおっしゃる。
エ? と思う間もなく口をあけさせられ、なんか器具喉に突っ込まれたΣ(´д`ノ)ノ

あのですね。
喉ってのは、異物が入ればセキが出るようにできてるんですよ。
医者が何かヒトの喉ぐりぐりやってる間、こっちは何度もゲホゲホしながら涙ボロボロです。
「がんばって」と他人事のように言いながら作業してた医者、どうやら左は除去できた模様。
(右は取りきれなかったらしい)。
涙でベソベソなオイラを哀れんだのか、隣にいたナースがティッシュを手渡してくれました(´・ω・`)
うぅ、強引に膿を取られたせいで、取る前より喉が痛いよ。・゜・(ノд`)・゜・。

その後、医者と話す。
原因が特にあるでもないらしい。
「家にイソジンあるでしょ? それで1週間くらいうがいしてればよくなるよ」だそうな。
え、それだけ?(´・ω・`)

洗面所で驚嘆した金曜のこと。
実は、洗面所の棚にイソジンが入ってるのは見えてました。
いつだったか自分で買って、ちょこっと使ってそのままになってたヤツです。
「でもいつのだかわかんないしなぁ」と思って手を出さなかったのでした。

「いつのだかわからないのならあります」と答えると、医者曰く「色が変わってなければイソジンは使えるよ」。
さようで(´・ω・`)
確か、家にあったイソジンの瓶はフツーにイソジン色してた。
もっと早い時期にアレを使ってれば、こんな長引かなかったのか?
ついでにこんなゲホゲホ体験しなくて済んだのか?

医者による喉グリグリは、半日くらいダメージが続きました。
帰宅後、洗面所のイソジンを見ると、「有効期限:2011.08」の文字。
何だ、まだ全然新しいヤツだったのね……
早速その夜からガラガラ始めました。

そして、水曜の今日。
医者が膿を取ったせいもあるのかもしれませんが、びっくりするほど症状は改善。
喉をのぞくとまだ何かついてるけど、痛みはほぼなくなりました。
嗚呼、こんなことならもっと早くあのイソジン使っておくんだった(´・ω・`)
ていうか、最初にイソジン見た時点で有効期限確認すべきだったよ。
イソジンスゲェ。
タグ:健康 耳鼻科
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

片頭痛記録

久々の片頭痛発作を起こしたので、記録。


続きを読む
タグ:健康 片頭痛
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

歯医者

歯医者の定期チェックで引っかかった歯の治療に行った。
治療済みの右上の奥歯が虫歯らしいことが発覚したんでね。

が。
この歯、「親知らずが奥歯の欠損の代わりになってた」説浮上。
普通の奥歯にしてはちっちゃいし、根っこもないんだと。
だからあんまし持たないかも、とさ。

えー。
まだ乳歯も1本残ってるのに、この上まだ危険な歯があったとは…
イヤン(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

捻挫ほぼ2ヵ月後

最近ブログ更新が滞ってたのは「右足首の捻挫が治らない」ことにも一因がある(かも)。

最初は「全治1ヶ月」って言われたはずなんだが、2ヶ月近く経つ現状では
・あくまで普通の速度なら歩ける。
 ※長時間は無理
・気を使えば下り階段も普通の速度なら降りられる。
 ※右足の着地地点を誤ると辛い
・正座できない。つま先まで足を伸ばせない。足首ひねれない。
というザマでしてね(´・ω・`)
どうも、最初の病院の初期診断よりも重度の捻挫だったっぽい。

受傷後4日目(閲覧注意:内出血MAXの足の写真)
受傷後1ヵ月半後(上記とほぼ同じアングル)

この写真だと見た目はだいぶよくなってるんだが、まだ右足の甲だのくるぶしだのはもっちり感があります。
甲・くるぶし(内側も外側も)・アキレス腱あたりが今だに痛むので、あの一瞬でかなりひどく損傷した模様。
ボーっと駅の階段を降りてて、最後の1段を見落として踏み外しただけなのに。
「注意一秒 怪我一生」と言うにはちと大げさですが、確かに不注意を悔やみたくもなるさ(´・ω・`)

病院を変えたら劇的に改善してきたが、これなら最初から今行ってる病院に行けばよかった。
とはいえ、今行ってる病院は歩けない時期にはとても行けなかった距離にあるんで仕方ないんだが。
ま、いずれにしても完治まではまだかかりそうですな……

以下、病院変更の経緯(愚痴中心なのでスルー推奨)↓
タグ:捻挫 健康
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

捻挫5日目

金曜に、朝の通勤中に駅の階段を踏み外して右足首を捻挫しました(´・ω・`)
人生初の捻挫です。

その足で整形外科に行って、テーピングされた後にそのまま出勤。
帰宅後検索したところ、捻挫直後は冷やしたほうがいいらしいので、冷凍庫にあった「やわらかアイス枕」で冷やしました。
ただ、本来は氷で冷やしたほうがいいらしいので、氷のうと氷のう吊りをネットで購入しました。
(実際に買ったのはAmazonだけど)

【楽天アフィリエイト】




氷のう吊りなんて、昔のマンガ(サザエさんとかドラえもんとか)でしか見たことなかったけど、今でもあるのね。
真夏ということもあって氷はすぐ溶けちゃうけど、専用品だけあって非常に使いやすかった。

そして5日目の今日。
昨日病院に行ったら赤外線で温めてくれたので、もう冷やす時期ではないらしい。
結果、氷のうセットは購入後わずか3日程度でお蔵入り。
いつか発熱した時にでも使うかもしれないし、その時までしまっておきますかな。

え? 足の具合?
現在、くるぶしから踵にかけて内出血が流れて真っ青です(´・ω・`)
歩くのはだいぶ楽になったとはいえ、まだ足を引きずりながら超スローでしか歩けない。
まっすぐ立つぶんには何ともないが、動きがあるとまだダメっぽい。
医者には「全治4週間」と言われたが、おかげで夏の予定が台無しですよ(´・ω・`)
(まぁ自業自得ですがね)
タグ:捻挫 健康
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

健康診断の結果

健康診断の結果が返ってきました。
ちょいと異常値があったみたいです(´・ω・`)

【中性脂肪】
28mg/dl(適正値:35〜149)

【胃部X線】
胃体部にポリープを認める

【心電図】
st-t異常 洞性頻脈


でもトータルでは「経過観察」だったんで、そんなに心配しなくてもいい、んだと思う。たぶん。

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

会社の健康診断

会社が引っ越して、親会社の健康診断に便乗できなくなったので、今年の健康診断は会社の近くのクリニックでの受診となりました。
さすがにクリニックだけあって、検査着も用意してあります。
とはいえ、なぜか異常に待たされる…
親会社の検診は30分あまりで終わってたのに、今回は全部終えるのに1時間半かかったのはナゼ?(´・ω・`)
腹部エコーと胸部エコーを一緒にやらないとか、なんか効率が著しく悪い検査方法だったのが原因のような気がするよオイラ。

検査の結果はまた後日、ですが、とりあえず体重に変化がほとんどなかったのが意外。
だって、明らかにウエストと太ももが太くなってるんだよ(´・ω・`)
(↑加齢による体型のry

そして、例によって胃のレントゲンは苦行(´・ω・`)
今年は「胃の動きを鈍らせる注射」をするというので腕を出したら、これまでに経験したことのない激痛で仰天しますた。
後で、あれが噂に高い「筋肉注射」であることを知りましたが、ますます胃レントゲンがイヤになりそうですよ(´・ω・`)
ただし、この激痛筋肉注射にも多少の利点が。
ゲップをこらえるのが例年に比べてはるかにラクだったのです。
…ゲップをこらえる辛さと激痛筋肉注射とどっちを取るかって話ですがね(´・ω・`)
バリウム使用後の一連の流れも、基本イロイロ滞る実里さんとしてはなかなかに苦行でありまして。
胃レントゲンは受診しない、という選択肢もないではないのですが、もともとあんまし胃が強くない人間なんで(潰瘍の痕持ち)、タダで見てもらえるなら見てもらっといた方がいいんですよ……

さてさて、検査結果が出るまでドキドキです(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

口腔アレルギー症候群

オイラは果物アレルギー。
専門的には「口腔アレルギー症候群」という。
アレルギー、というと「蕁麻疹」とか「アナフィラキシーショック」とかが代表的な症状ですが、「口腔アレルギー」は口の周り(口腔内)メインで症状が出るというモノ。

口腔アレルギー症候群とは?治療と対策
([アトピー・アレルギー]All About)
野菜やフルーツなどの食べ物を食べると、15分以内に、唇の腫れ、舌やのどに痛み・かゆみ・不快感を感じ、時に、舌・のどの腫れを起こす病気です。

ひとことで言えば↑なワケです。

そして、
アレルギー(2003年02月05日)
↑の日から、オイラの「果物アレルギー」暮らしが始まったのれす(´・ω・`)

食べられなくなった遍歴。

2001年頃:びわ
2003年:さくらんぼ
2004年:りんご
2008年:いちご、桃

てな感じで、順調にバラ科の果物をつぶされてきてます。
いずれも食べると喉の奥がかゆいようなヒリヒリするような感覚に襲われるのです。
2009年現在、主要なバラ科の生食果物のうちで梨だけは目立ってキケンな雰囲気はしてませんが、ここまで順調にしらみつぶされてる手前、これもそう遠くない将来ダメになると思われます(´・ω・`)

果物アレルギーは食後5分くらいで発現し、お茶を飲んだり口をすすいだりしているうちに10分くらいで収まるので、アレルギーとしては軽微なほうだと思います。
が、あまり気持ちのよいものではありませぬ。
今のところ、加熱されてれば平気なので、焼き菓子やジャムなんかになると大丈夫なのですが、これも過信しすぎるとダメっぽいし……

そして、今回この記事を書く理由になった、新たなアレルギー源。

「小梅の種の中身」。

……ま、食べなきゃ食べないでいいものなんですが。
梅干しや小梅の実は何ともないんだから、意地汚く種の中身まで食うなってことですよ(´・ω・`)
食べて数分後に喉がかゆくなって、
「梅ってバラ科だ!!」
と愕然としたのでした。

バラ科以外では
1997年頃:スイカ(唇がかぶれる)
2006年:マツタケ(アナフィラキシー反応有)
みたいな感じ。
マツタケに関しては「どこにマツタケがあるのかわからないようなかき揚げ」での反応ですから、果物以上に食べたらマズイものですね(´・ω・`)
アレルギー検査したのは5年以上昔のことなんで、改めて今してみたほうがいいのかもしれませぬ。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

眼科

会社の健康診断で、眼底検査で引っかかりました(´・ω・`)
曰く、

「視神経乳頭下方線状出血疑い」

で、総合判定E(要指導・要医療)だそうなΣ(´д`ノ)ノ

ネットで調べると「緑内障」だの「脳や全身疾患のおそれもあり」だの、非常におっかない文章が並んでいる。
「ネットで病気を調べると不安ばかりがつのる」ということはよくわかっているので、おとなしく眼科へ行きました。


まずは普通に眼圧とか視力とかいろいろ測ります。
その後、薄暗い部屋でドクターがライトでオイラの目を覗く訳です。
「もっと正面を見てください」って…
眩しくて目がチカチカするよ(´・ω・`)

ひととおりオイラの目を覗き込んだドクター。
「眼のしくみ」みたいな図を示しながら説明してくれた。

・今直接見た限りでは、「視神経乳頭」付近に出血らしきものは見当たらない。
・健康診断は1ヵ月半前の眼底写真を元に判定してるので、今日までに収まってしまった可能性もある。

はぁ。
さようで。
っつーことは、とりあえず無罪放免でよろしいでせうか?
と思ってたところにドクター、畳み掛ける。
「ただ、目の表面が多少でこぼこ(?)なので、視野検査もした方がいいかもしれません」

はぁ。
んじゃ、お願いします(´・ω・`)


しばし待たされた後、別の小部屋に通される。
そこには白いプラネタリウムみたいなドーム状の半球が縦に嵌め込まれた装置(「ハンフリー視野計」というらしい)があり、その前にレンズ(これは近視調整用)と椅子があった。
そこに座ると、片目にアイパッチを貼られ、聴力検査のボタンを大きくしたようなボタンを持たされる。
レンズの向こうの半球に灯る赤くてちっちゃい点を凝視しつつ、周りの半球でちっちゃい光点がチカっとしたらボタンを押せ、とのこと。

チカ。
ぽち。

チカ。
ぽち。

……チカ?
(え、今の見間違い?)

みたいなのを、左右5分ずつくらいやらされました。
いやコレ結構大変(´・ω・`)
赤い点をずっと見てると「ちいちゃんのかげおくり」状態で、赤い点以外が薄暗く見えてくる。
集中力も切れかかる……

全部終わるとまたドクターの元へ。
左右、特に明らかな視野の異常はナシ、だそうで。
ようやく無罪放免♪
と、ドクターが最後にひとこと。
「年に1回健康診断があるなら、やっぱり年に1回はちゃんと検査したほうがいいですよ」。

……。
さようで(´・ω・`)
1年に1回3,800円、なら、安心代としては安いものか(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

インプラント装着

これまでのあらすじ。

インプラント(一次手術) [2008/11/08]
・乳歯を顎ごと砕かれそうな恐怖におびえつつチタンのネジ装着。

2週間後チェック [2008/11/21]
・手術前/手術後の画像つき。

インプラント二次手術 [2009/02/27]
・手術そのものより仮歯の調整でくたびれる。

----------------------------------------------------------

去年のお盆頃に痛み始めた乳歯ちゃん。
ようやく完全にインプラント入りました。
これで、タクアンも煎餅もドンと来いですよ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

確定申告

仕事で幕張メッセへ行くついでに、確定申告してきました。
(住んでる地域の提出場所はメッセなので)
インプラントは医療費控除が受けられるということで、「医療費控除の目安」である10万円を初めて超えたので、初の確定申告ですよ。

初、とはいえ、医療費控除がかさむ実家の両親分の確定申告は何度か手伝ってたので、要領はわかってます。
国税庁のホームページから両親分と自分のをカンタン作成し、実家分は郵送してからいざ出陣。
今年あたまに結婚して苗字が変わったため、医療費の領収証がみんな旧姓なことが気がかりでしたが、用紙の下に苗字が変わったことを注意書きすれば問題なく受理してもらえました(*´▽`*)
あとは還付金の振り込みを待つばかり。

国税庁のホームページで確定申告の用紙を作ると、ちゃんと還付金の金額が出るのです。
気になるオイラの還付予定は4,800円。
少なっ。
両親(年金生活者)の還付金と桁が違うよ(´・ω・`)
かかった医療費はおんなじくらいなのに…
まぁ、オイラは年末調整で既に一旦還付金精算されてるからこんなものなのでせうが。

ちなみに、インプラント代は施術ごとに払うので、今年施術分の金額(2次手術代6万+上部構造代22万)は含みません。
なので、来年も確実に医療費控除の還付金は発生するはず。
また来年もメッセか…
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

インプラント二次手術

11月初旬の一次手術から3ヶ月あまり。
二次手術行ってまいりました。

一次手術の様子はコチラから

一次手術の痛みは何やかやで1週間くらい続いたので、びくびくしながら歯医者さんへ行きました。

最初は、前回つけた仮歯を外します。
両脇の歯に接着してあったので、ドリルでガリガリ削りながら外す……のですが。
実はこれが今回の二次手術の恐怖のピークでした(´・ω・`)
麻酔ナシでガリガリ削られ、しかもなかなか外れず、引っ張られたり叩かれたりまた削られたり…
やっと仮歯が取れた時には、気づくとかなり冷や汗かいてましたわ(´・ω・`)

で、ようやくの麻酔。
麻酔が効くのを待って、おもむろに歯茎がほじられます。
歯医者のホームページで見たところ、こちらでやるインプラントは、二次手術で「フラップレス」という術式を取るらしく、歯茎を切らないらしい。
よくわかりませんが、とにかく歯茎をグリグリほじられた後、なんかネジネジされて一旦終了。

その後は、延々と新しい仮歯の調整でした(´・ω・`)
口の中へ仮歯を押し込んではカチカチ→仮歯抜き出し・背後でガリガリ削る、の繰り返し。
時計がなかったのでよくわかりませぬが、所要時間1時間の体感内訳は
・仮歯外し:15分
・二次手術:15分
・仮歯調整:30分
……という感じでしたよ。
しかも、ようやく装着された仮歯も「なんか高いんだけどなー…」という仕上がり。
「プラスチック製だから削れる&今まで歯がなかったからそう感じる」とドクターは言うのですが、そもそも元の歯が乳歯だったから、もっと低い位置だったんじゃ?
まぁ、削れるのを待ちますか(´・ω・`)

ようやく終わって精算して歯医者を出た後、ふと「そういや薬出てないな」と思って確認の電話を入れたら、案の定鎮痛剤と抗生物質が出し忘れられてたし、いろんな意味で歯は大事にしよう、と強く思いましたとさ(´・ω・`)
麻酔が切れても痛みはほとんどなかったのは唯一の救いです。
一応処方された鎮痛剤は翌日まで飲んでましたが、全く痛くないので念のため2回飲んだだけでポイ。
さすがフラップレス。
(よくわかんないけど)

そして、手術後3日も経つと、最初は高く感じた仮歯も徐々になじんできました。
歯茎がまだ治りきってないので咀嚼はしてませんが、案外悪くないのかも。

……それにしても、11月に手術して以来ずっと右の歯を使ってないので、食べ物が食べにくいことこの上なく。
嗚呼、口いっぱいに食べ物を頬張ってバリバリ噛み砕きたい(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする