2008年04月05日

麺屋青山(臼井)

麺屋青山(臼井)
080209_1332~0001.jpg
住所: 佐倉市稲荷台1-10-2

電話:043-461-5898
営業時間:11:00〜14:30,17:30〜22:00
    (スープ切れで終了)
定休日:なし
駐車場:店の前に数台分あり


前にも行ったお店のリピートです。
京成臼井駅のホームから見えちゃうくらい駅前なお店。
(上の写真は、実はホームから撮影しています)
こちらはもともと成田にあるお店の支店ですが、成田のお店よりは臼井の方が近い(うちからも、駅からも)ので、最近は専らこちらばかりです。

この日は土曜の8時。
我々が入店した時は一番奥の座敷しか空いていなかったので、問答無用でそこへ通される。
(2人なのに6人がけの座敷でよかったんでせうか?)
しばらくしたらカウンターがガラガラになり、ピークは過ぎたか? と思いきや、我々が食べ始めた頃になったら入り口のところに行列ができてましたΣ(゜д゜lll)
タイミング次第ではちょっと待つお店です。

先日(2月)来店時には、つけ麺の「あっさり」を頂きました。
080209_1348~0003.jpg
つけ麺「あっさり」+味玉。

「どこがあっさり??」と言わんばかりの濃厚なダシ感がただただひたすら満足で、「次回もつけ麺でリピート!」と意気込んでおりました。
改めて再訪の際、前回の意気込みどおりまたもや自販機の「つけ麺」ボタンポチ(笑)
味を決めるのは、食券を店員さんに渡す時。
店員さんが親切に「女性でしたら『あっさり』の方がよく出ますよ」と言ってくれたのですが、前回のと比較したかったので「こってり」をオーダー。
しかもまた味玉つき。
080405_01


さて、登場。
麺の上に載っている具材は「あっさり」の時と同じのようです。
前回に比べて麺は太く、食べ応えがあります。
「こってり」は中太麺での提供とのことですが、太いとはいえ、ボソボソ感はなく、むしろわりとモチモチ。
(ちょっとお腹にたまるかも)
そして、問題のスープ。
ちょっとわかりづらいですが、「こってり」のスープに入った角切りチャーシューは「あっさり」にはなかった気がします。
一口食べてみて、「あっさり」との違いはすぐにはわかりません。
が、しばらく食べていて「脂が多い!」。
うん、これは確かに「こってり」だー。
ベースは「あっさり」とそれほど変わらず、濃厚なダシベース。その中に、角切りのチャーシュー(脂身?)がゴロゴロ入ってます。
その上私は味玉も頼んでるし、チャーシューはチャーシューでベーコンのようなサイズのが2枚麺に乗ってるし…

結局、一人前食べ切れませんでしたよ。・゜・(ノд`)・゜・。
残りはダーリンへ。
最後にスープ割りもしましたが、満腹になるにつれて味の濃さを強く感じるようになってしまったので、次回はおとなしく「あっさり」を頼むことにします(´・ω・`)
あくまでこれは好みの問題で「こってり味大好き」な人なら綺麗サッパリ頂いてしまうかと思うのですがね。

一方のダーリンは、チャーシュー麺(白濁にんにく油)をオーダー。
080405_02

こちらはこれまた濃厚でござんす。
ダーリン的には非常にお気に召したようです。
どっちかというと男性向きな、ガツン系です。

ただ、ここのラーメンは、スープもさっぱりからこってりまで、かなり自由なチョイスができます。
今回のダーリンは「こってり味大好き」な子ゆえのチョイスですが、このへんは女性だったらもっとさっぱりした味を選べるし、わからなかったら店員さんが親切に教えてくれるので問題ないかと。
あと、フロアの隅っこに「お子様用椅子」が見えたので、たぶん小さいお子さんを連れたファミリーでも大丈夫のようです。
それこそ、我々が今回座ったお座敷なんかあるし、お座敷はファミリー用なのかな?
とはいえ、やはり魚系であることだけは確かなので、魚系ダメな人はダメかもしれませんな(´・ω・`)

結論:間違いなくリピあり。
駅近だし、この味だし、やっぱりまた来るだろうなー。

  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック