2015年09月23日

帰省と千葉市郷土博物館

お盆に帰れなかったので、お彼岸に帰省して両親と墓参りしてきた。
最近、両親の老いがだんだん気になってきて、ちょっと悲しい。
ワタシがこのトシなんだもの、そりゃ両親だって年取るさ。

今年のお彼岸はシルバーウイークとやらで大連休だったので、帰りは久しぶりに電車使用。
館山駅の駅舎から西口を眺めると、結構キレイ。

そういや、市がこの眺望のために屋根をオレンジに統一しようとしてたような気もする。

あと、なんか自由通路にこんなポスターも貼ってあった。

海際の通りにヤシの木を植える運動があったらしく、そこに有名人とか地元の企業とかがメッセージプレートを並べているらしい。
ノーベル物理学賞受賞の小柴先生は確かに館山ゆかりの方らしいんだが、タモリとか館山に来たことあるんだろうか?(´・ω・`)

お天気が良いので、上総湊手前の橋からの眺めが実によかったです。


千葉駅で待ち合わせていたダーリンと、千葉城(千葉市の郷土博物館)に行きました。


このお城はキレイですが、もともとココにはこんなにテンプレ的なお城が建ってたことはなかったらしいですよ。
あくまで近年作られた、お城の形をした博物館です。
(館山とか大多喜とか久留里とか、千葉県内に今あるお城はみんなそんな感じ)
「郷土博物館」ですので、千葉市の古代からのいろいろがわかります。


天守台からの眺め(北側)。

正直もっと眺めがいいのかと思ってたら、そんなにココ高くないのね。
西側・南側は大きなビルが多いのと、東側は千葉大医学部がどかーんとあるのとで、思った以上に残念眺望でした。

オマケ。
天守台には顔出し看板もありました。




  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南房総 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。