2014年01月01日

成田山初詣2014

あけましておめでとうございます。
相変わらず更新頻度の低いブログですが、お付き合いいただければ幸いです。

さて、今年も正月は成田山新勝寺へ初詣に行ってきました。
例によって、初日が昇った直後くらいにノコノコ家を出る感じ。
この時間だと電車もわりと空いてます。


今年の元旦はいいお天気でしたね。
初日くらい見ればよかったかな。
でもって、元旦の陽射しの中、成田山新勝寺に無事到着。


朝8時台の混雑は、こんなもの。


帰りはいろいろ買い食いしました。
「かつ又」さんのコロッケとか、鍋店と長命泉で酒まんじゅうと甘酒の味比べとか。
前々から気になってた、米屋の裏手にある「米屋羊羹資料館」にも行ってみた。


羊羹や和菓子の成り立ちと、米屋の歩みがわかります。
1階では映像上映コーナーがあって、そこに座って映像を見ながら一息。

おみくじ羊羹、というのもあった。

ワタシもダーリンも、はたまた見知らぬ近くにいた人もみんな「末吉」だったので、おそらくロット全部が末吉だった(´・ω・`)
羊羹は胡麻味で、ワタシはちょっと苦手でしたが、ダーリンはお気に入りみたいで、ワタシの分まで全部すぐ食べちゃってました。

更に戻る途中、「ぱん茶屋」というパン屋さんに立ち寄る。
ここ、数年前の正月に八つ目うなぎを食べて涙目になったうなぎ屋さん「下田康生堂」さんが閉店した後、店主さんの息子さんがパン屋さんとしてリニューアルオープンしたお店です。

ここ、目玉商品として「うなぎぱん」というのを焼いてます。
ちょうど焼き上がりまで10分くらい、というので、喫茶コーナーで待って出してもらうことに。




パンの中にうなぎと鉄砲漬けが入ってて、パンの外側にはうなぎ屋時代の秘伝のタレが塗ってある、というパン。
600円、とパンにしては高額ですが、うなぎが入ってるんだから仕方ない。
パンなのにうなぎ。うなぎなのにパン。
面白い感覚のパンです。

あと、成田ソラあんぱん、というのも。


「成田ソラあんぱん」は、成田市が地元の生産品を使っての地域活性化事業として、あちこちのパン屋さんとのコラボで売っているパンの総称。
ぱん茶屋さんの「成田ソラあんぱん」は、さつまいも「大栄愛娘」を餡に使った、ハードタイプのさつまいもあんぱん、ということです。
ハード系の生地の味が美味しくて、イイ感じ♪

そんなこんなで、2014年幕開け。
よい年でありますように。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック