2013年04月29日

谷根千と猫

ゴールデンウィーク前半で、ダーリンと一緒に谷根千行って来ました。
一番の目的は、猫!
日暮里から谷中ぎんざを通り、あとはフラフラと適当に歩いて上野から帰る計画です。

日暮里駅を降りると、そこは既に昭和ノスタルジーがちらほら。


お寺のツツジも味わい深い。


しかし、谷中はびっくりするほど観光地だったよ。

GWだし、遠出しない人でごった返してる感じ。

名高い「夕やけだんだん」から下を見下ろす。

ここからでも「谷中ぎんざ」の方が黒山の人だかりなのが見て取れる。
うーむ。
こんな混雑じゃ、猫ちゃん達も出てこないかなー、と思ってました。

でも、猫ちゃんは2匹会えたよ!



サビ猫ちゃんと茶トラちゃんの2匹。
背後にテレビ局のカメラがいましたが、やっぱり撮影してたんだろうか。

夕やけだんだん、下から見るとこんな感じ。


しかし、谷中ぎんざは酷い混雑だ。
お店はみんな長蛇の列。
メンチカツ買うのに大行列するのもアレだったんで、とりあえず酒屋さんで琥珀エビスとか飲んでました。

よく見ると、屋根の左上に猫の像が載ってます。

すぐ近くのお惣菜屋さんの軒先にも猫の像が!

一瞬本物と見間違えちゃいそうだわ。

谷中ぎんざを抜けると、だいぶ混雑も緩和されます。
そのままテクテク千駄木方面へ抜け、根津を回ってのお散歩コース。
道端の不動産屋さんに貼られている物件情報も、今時あんまり見かけないレトロ感満載です。


根津から上野方面に歩いていくと、レトロな雰囲気の喫茶店がありました。
入口に貼ってある猫の写真が気になって、フラフラと入店。
そこは「ル・プリーベ」という喫茶店でした。
中に入ると、レトロな雰囲気のテーブルセットにカウンター。
そして、その床には、猫!!!

どうやらこちら、普通に猫さんが3匹いらして、壁の穴から気紛れにちょろちょろ登場するのだそうな。
入店時にはサビ猫ちゃんがいたのですが、すぐ壁の穴に引っ込んでしまわれた(´・ω・`)
その後まったりとコーヒーを飲んで、お会計を済ませて出ようと立ち上がったら、壁の穴から飛び降りてきた茶トラの子と鉢合わせΣ(゜д゜;
よっぽどびっくりしたらしく、目をまんまるにして後ずさっていく猫さん。
私はひたすら「ごめんねー(´・ω・`)」と謝るばかりでしたとさ。
マスターに聞けば写真を撮らせてくれたらしいので、いつかリベンジしたいです。

そんなこんなで上野から電車で帰宅。
おみやげは猫マウスパッドと竹のパンダストラップ。


猫マウスパッドは光学式マウスは使えなかったよ(´・ω・`)
記念品扱いだな。
竹ストラップは、袋を開けたら縁がささくれてたので、紙やすりでガシガシしてからケータイにぶら下げてみた。
初の谷根千さんぽはなかなか有意義でしたな。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック