2006年05月06日

丸長(勝田台)

ダーリンの影響もあって、わりとラーメン食いです。
これまで千葉県内のラーメンをいろいろ食べに行きましたが、その中でもリピート回数がかなり多いのが、東葉高速鉄道または京成本線・勝田台駅の「丸長」。
私の中では、「ベストオブつけ麺」のお店です。

丸長勝田台
八千代市勝田台1-14-34
TEL:047-484-0183
営業時間:AM11:30〜PM3:30(スープ切れで閉店)
定休日:火曜日・第2月曜日

「つけ麺って何?」な人もおられよう。
つけ麺とは、ざるそばのラーメン版・・・というといささか乱暴ね。
温かくて濃い目のつけ汁に、水で締めためんをつけてずずっとすするのですよ。
麺を食べ終えたら、お店の人に「スープ割り」を頼むのがお約束。
あったかいダシを注いでもらい(店によっては最初からセットで出されることも)、最後にスープの味を堪能。
まぁそんな麺類です。

さて、勝田台丸長。
ここは、つけ麺では有名な「大勝軒」の流れをくむお店だそうな。
(あいにく私は大勝軒系はほとんど食べたことがないが)
勝田台、というえらくアクセスが悪い場所にもかかわらず、ダーリンの車で午後1時頃に来てみたら行列できてます。
しばらく周囲をぐるぐる回って、2時半頃に出直してみた。
お店の前に2台分のコインパーキングがあり、いつもどっちかは空いてるのに今日はタイミングが悪かったらしく、どっちも満員御礼。
そして、しばらく来ないうちに、ちょっと離れたところにも更にコインパーキングができていたのですが、これまた満員御礼(´・ω・`)ショボーン
仕方ないのでとおり1本隔てたコインパーキングに車を置いていざ入店。

お店に一歩足を踏み入れると、ほわんと漂う魚系のダシの香り。
魚系ダシ好きな我々、もうこの香りだけで幸せです♪
初めて来た人は「昭和の中華料理屋」然としたその内装に、一瞬度肝を抜かれるかもね(笑)

ここの看板メニューは無論「つけそば」(650円)。
しかし、これが実はとても香辛料が効いていて、辛いもの苦手な実里さんにはとても無理という代物。
幸い、ここのメニューには香辛料控えめな「つけそばB」(650円)があるので、いつもそちらをオーダーしています。

そうこう言っているうちに、入口から若者がひとり「まだ大丈夫ですか?」と入ってきた。
振り返れば、入口にぶら下がっている「営業中」の札が店内を向いている。
この時、時間は午後3時頃。
えっ、もう閉店?

さておき。
10分くらいして、ついにつけ麺登場。

s_PA0_0070.jpg s_PA0_0069.jpg

ネギぎっしりのつけ汁の下には、結構な量のチャーシューとメンマが入ってます。
かなり酸味の効いたつけ汁が、酸っぱいもの好きな実里さんにはかなりツボ。
ちなみにダーリンは、香辛料たっぷりの「つけそば」でご満悦。
味見させてもらいましたが、香辛料であんまし味がよくわかりませんよ(´・ω・`)
麺を食べ終えてから、おやじさん(先代店主・現店主のお父様)に頼んでスープ割を持ってきてもらう。
うーん、ダシが効いてて美味美味(*´▽`*)

ここの難点は、営業時間があまりに短すぎることかなぁ。
前はそれでももうちょい長かったはず。
先週、営業時間が短くなっていることに気付かず、店の前まで来てシャッターが下りてて愕然としたんだよね(´・ω・`)ショボーン

  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック