2010年10月10日

山梨旅行(2)楽水園

山梨旅行の続きです。
この記事はお宿のお話。

旅行の日程自体はだいぶ前から決めてあったものの、2週間くらい前まで宿も決めずにノホホンとしていて、ふと気づいたら結構お宿は埋まってる状態Σ(゜д゜;
慌てて楽天トラベルなんかで探して、甲府から程近い湯村温泉にある「楽水園」さんにお宿を決めました。

【楽天トラベル(アフィリエイトリンクです)】


「甲斐の国堪能プラン」なるプランがあって、フジザクラポークのしゃぶしゃぶだの馬刺しだのに加え、お蕎麦屋さんを併設してるので、自慢のお蕎麦と一緒にあのB-1グランプリの「鳥もつ煮」を出してくれる、というのです。
食い道楽な我々にはうってつけのプラン:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
とまぁそんな感じで楽しみにお宿に向かったのでした。

チェックインして通されたお部屋はなんと12畳!
おお〜、うちの寝室の2倍だよ!
2人で12畳とは、なんて贅沢な。

しばらくまったりしてると6時の夕食タイムとなったので、いざお食事処へ。
さてさて、お楽しみの「甲斐の国堪能プラン」ですよ。

101010_1807~04.jpg最初にこれだけ並んでます。
(汁物は後から温かいのを運んできてくださいましたが)
グラスワイン(白)のサービスもありましたが、ワインより日本酒な我々は、山梨の地酒を追加オーダーしてしまいました。
(せっかく甲州ワインの地元に来たのに……)

101010_1806~01.jpg
フジザクラポークの豚しゃぶ。
固形燃料タイプだったので、途中で燃料補充をお願いすることになりました。

101010_1813~14.jpg
馬刺し。
オイラ知りませんでしたが、甲信地方には馬刺しを食べる文化があるのですね。
肉厚で食べ応え満点!

101010_1815~51.jpg
更にB-1グランプリおめでとうの「鳥もつ煮」も出てきました。
鶏のもつを下ごしらえした後甘辛いタレを煮絡める、という作り方から想像できる、意外にフツーといえばフツーなお味。

101010_1831~50.jpg
季節の天ぷらは塩で食べます。サクサク。
ただし、このへんで既に胃袋の限界が……

101010_1901~31.jpg
蕎麦屋さんも併設してるので、ご自慢の田舎そばもついてきました。
蕎麦の香り豊かなお蕎麦を満喫(ゲプ)。

101010_1916~48.jpg
デザートはりんごゼリー。
うをー……ゲプで死ぬ(´・ω・`)

全体的にお味は大変おいしかったのですが、いつもオイラの3倍食べるダーリンすらギリギリで完食、というお食事の量でしたので、小食さんは要注意。


お風呂はほどよいぬるさ。
それほど広いお風呂じゃないですが、夜と翌朝オイラが行ったときは、どっちも1〜2人しか人がいなかったのでじっくりつかれました。
ダーリンが冷蔵庫の地酒を飲んで程よく気持ちよくなったりもしてましたが、まったりと就寝です。

翌朝。
のんびりしてたら朝食に出遅れてしまいました(汗)
朝ごはんはお食事処。
101011_0828~03.jpg

お漬け物バイキングがあったので喜んで頂きます♪
101011_0829~43.jpg

お食事の後はちょっと休んで、9時半頃にチェックアウト。
全体的に、非常にアットホームなお宿でした。
外観はそんなに新しくないのですが、お部屋もすごくキレイで広かったし、なんかほのぼのするお宿でしたね。

湯志摩の宿 楽水園
101010_1710~17.jpg

住所:山梨県甲府市湯村1-11-5


  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック