2010年06月30日

健康診断の結果

健康診断の結果が返ってきました。
ちょいと異常値があったみたいです(´・ω・`)

【中性脂肪】
28mg/dl(適正値:35〜149)

【胃部X線】
胃体部にポリープを認める

【心電図】
st-t異常 洞性頻脈


でもトータルでは「経過観察」だったんで、そんなに心配しなくてもいい、んだと思う。たぶん。

常に少ない中性脂肪。
中性脂肪については「減らしたい」人が多い中、オイラはここ10年くらいこのへんの少なめ数値をキープしたままです。
「中性脂肪が低いとどうなるか」は、7年も前に書いた記事にも書いてあります。
2003年06月27日 中性脂肪

中性脂肪は高すぎると動脈硬化とかの原因になるらしいですが、かといって少なすぎればエネルギー源として役に立たず、疲れやすい体になるっぽい。
だからオイラ疲れやすいんだなきっと(´・ω・`)

胃のポリープ。
これについては、一昨年の春先に胃カメラで2個ほど発見されてます。
病理検査もしてもらって、結果として「ただのポリープ」という話でした。
ポリープはほっといても消えないっぽいので、「健康診断で胃の検診をすると出ますよ」と言われてたのですが、一昨年は胃のX線を受けなかったからさておき去年は出なかったので、すっかり忘れてました。
(たまたま去年の検診車のレントゲンで写らなかっただけか)

心電図。
これは全く心当たりありませんΣ(゜д゜;
「洞性頻脈」をググったところ、つまりは「1分に100以上脈打つただのドキドキ」らしい。
オイラ数年前の夏に甲状腺異常(亜急性甲状腺炎)に伴う頻脈になったこともあるんで、気になるといえば気になるんだが。

【参考】タグ / 亜急性甲状腺炎

もうひとつの「st-t異常」については、心電図の波形の異常らしい。
狭心症とか心筋梗塞に関係するらしいですが、「健康診断だと機械が自動的に過剰反応診断することが多い」といった記述を発見。

【参考】健康診断の結果で心電図検査のところが ST,T異常となっていたのですが…
(Yahoo! 知恵袋)

実は今回、心電図は見落とされたまま終了しそうになって、胃のX線撮影後に慌てて測定した、という経緯があります。
測定時間も昨年までは3分くらいは確実に横たわってたのに、今回は1分もしないうちに終了になったので「え、もう終わり?」と驚いたのですが、そのへん何か関係あったりしないかしらん。
「本来心電図に異常が出るはずなのに出なかった」と言ってた人もいたし、あんましアテにならない?……いやいや、それじゃあそもそも健康診断にならないしなぁ(´・ω・`)

とりあえず、胃と心電図については「現状は心配ないので経過観察」と書かれていたので、とりたてて再検査とかする必要はない模様。
たぶん今回の「ポリープ」ってのは胃カメラで発見されたヤツだとは思うんだけど、もっかい胃カメラやった方がいいのかなぁ(´・ω・`)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック