2009年06月20日

本土寺のあじさい

紅葉を見に行ったことのある、松戸の本土寺。
実はここ、むしろ「あじさい寺」として有名だそうで。
以前にブログ仲間の柴壱さんが毎年紹介されているのでずっと気になっていたのです。
今年の柴壱さんの記事はコチラ↓
紫陽花激写団@松戸本土寺
(柴壱の「お気楽でゴメン!」)

金曜の朝「ズームインSUPER」で中継映像が出たのがダメ押し。
土曜はお天気も悪くなかったので、勢いで訪れてみました。

090620_1356~07.jpg

Wikipediaによれば、「あじさい寺」として有名な鎌倉の明月院に対して「北の鎌倉」とも称されるほどの紫陽花を誇る本土寺。
紫陽花の時期に来たのは初めてでしたが、噂に違わぬ見事な紫陽花の花々にはただただ目を見張るばかり。
090620_1421~39.jpg

090620_1428~14.jpg

090620_1455~29.jpg

090620_1457~47.jpg

「四季の寺」とも称する本土寺は、紫陽花や自然と建物のコントラストもまた美しい!

五重塔を紫陽花の合間に望む。
090620_1501~20.jpg

秋には真っ赤に染まる回廊も、今は新緑に染まります。
090620_1409~17.jpg

ちなみに秋はこんな感じになりますよ。
HI350009.jpg

花菖蒲の咲く池もあるのですが、こちらは残念ながら花の盛りを過ぎておりました。
遠めに見る分には、緑の菖蒲池の中にぽつぽつと青や白の花が見えるのですが、近づくとやはり「終了」という雰囲気が…(´・ω・`)
090620_1413~57.jpg

ちなみに秋はこんな感じでした。
HI350010.jpg
菖蒲池はホント枯野原になるのです。

ま、この日のメインはあくまで紫陽花ってことで。
090620_1417~09.jpg


090620_1454~06.jpg

090620_1458~02.jpg

午後少し遅めに行ったので人出のピークは過ぎていたはずなのですが、それでも結構な人が紫陽花を愛でておりました。
携帯カメラから立派な機材を抱えた人まで、無数の人が紫陽花に向かってカメラを構えていたのが印象的。
一昔前なら、ここまでカメラを構える人はいなかったんだろうが…
デジタル化おそるべし。

本土寺
住所:松戸市平賀63

テレホンサービス電話047-341-0405(6月、11月のみ)
開門時間:8:00〜17:00(最終受付16:30)
年中無休
駐車場:なし
(千代田線北小金徒歩約10分)
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | おでかけ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンクありがとうございました。
私のところの当該記事に、コメントが書き込めないエラーに
陥ってしまいましたので、こちらにて失礼しますm(__)m

念願の(?)紫陽花時季の本土寺だったんですね。
やはり、千葉のあじさい寺と呼ばれるだけあって
この時季の本土寺は、圧巻ですよね。
「ズームイン」で紹介されたんですか?
他の番組でも紹介されたようですが、なに分、TVが壊れてるもんで
全く知りませんでした(笑)
今発売の週刊新潮に載ってってるのは見ましたけど。

紫陽花の合間から五重塔を望むポイント、好きなんですが
実里さんの下から見上げるアングルが、遠近感があって
すごくいいので、今度(って来年)私も下から狙ってみたいと
思います^^

リンク貼っていただいただけでありがたいのに
ダメ押しのようにTBも送らせていただきました(^^ゞ
Posted by 柴壱 at 2009年06月29日 15:01
>柴壱さん
柴壱さんの記事を毎年拝見するたびに憧れていたので、ホント「念願」でした!
数日前から「紫陽花見に行きたいな〜」オーラを出していたのですが、まさに金曜のズームインで中継されていたのが決め手になったのです。ありがとうズームイン(笑)

五重塔の写真、お褒めに預かり光栄でございます。
あれは、立派なカメラを持ったオジサンにくっついていって発見したポイントでして。
「立派な機材をお持ちの方にくっついていく」というのはシロウトがいい構図を撮れる手っ取り早い手段だと思ってます(^_^;)
トラバありがとうございました♪
Posted by 実里 at 2009年06月30日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

紫陽花激写団@松戸本土寺
Excerpt: 松戸の本土寺へ、紫陽花を見に行ってきました。
Weblog: 柴壱の「お気楽でゴメン!」
Tracked: 2009-06-29 14:41