2009年05月21日

らぁめん工房まんぼぉ

オイラとダーリンが愛してやまない「海空土」からほど近い「まんぼぉ」。
住所は「稲毛区」になってますが、このへんは四街道市との境目な上、実は若葉区とも接するすごい微妙なエリアです。
いつもこのへんへ来ると海空土に行っちゃうのですが、たまには、ということでこちらへ。

お店の入口はものすごく道路際。
でも、一歩入ると「え、ラーメン屋さん?」とわが目を疑う小じゃれた作りが目を引きます。
そこは、どう見ても「洒落た洋食屋さん」。
ラーメン屋さんに絵が掛かってたり、灯台の置物があったりって、なかなかないと思う…
実はここ、もともと洋食屋さん。
洋食屋さん時代に行ったこともありましたが、ある日突然ラーメン屋さんになっててひどく仰天したものでした。

待つことしばし。
オーダー品到着(*´▽`*)

えびワンタン麺 850円
090520_2025~0001.jpg

塩チャーシュー麺 850円
090520_2025~0002.jpg

辛ねぎ丼 250円
090520_2028~0001.jpg

来訪は二度目。
しかも、それはなんと2年前の話故、記憶はおぼろげ(´・ω・`)
ただ、メニューに「麺を変えました」と書いてあり、以前の麺に比べて伸びやすくなっているそうな。
そして実際、やってきたラーメンは細麺!
確かに、うかうかしてると伸びますな。

お味。
非常にやさしい。
オイラは食べ歩き好きな割には大雑把な舌の持ち主ゆえ、食べてる途中は「やさしくて食べやすい&スープ飲みやすい!」程度の貧困な感想しか出ませんでしたが、2年前のメモによると「鶏と魚介系のWスープ」ということで、このへんはおそらく今でも変化はなさそうです。
角がなくて万人受けしそうな味でした。

ワンタンはまずまずのお味。
海老がぷりぷりしたワンタンが3、4個入りで、結構なボリュームです。
チャーシューが比較的厚めで柔らかく、これが非常に美味!
テーブルには魚粉の入った入れ物があって、魚粉を自由に入れられるようになっているのですが、試しにレンゲ1杯にちょろっと魚粉を入れてみたらバランスが崩れて若干残念なお味に(´・ω・`)
魚粉は置かなくていい気がする…
あと、ラーメン屋さんには珍しく、胡椒は小洒落たペッパーミルが置いてあり、ダーリンが興味津々でガリガリスープに落として飲んでました。

一方のダーリンの「塩チャーシュー麺」。
こちらはやはり塩ベースというだけあって、醤油ベースの「ワンタン麺」に比べてほのかな味わい。
ダーリンがサイドで頼んだ「辛ねぎ丼」は、文字通り唐辛子で和えた辛ネギとチャーシューの小どんぶり。
付けあわせで筑前煮っぽい小鉢もついてます。
辛いの苦手なオイラには味はあんましよくわかりませんでしたが、辛いの大好きダーリン的には、この丼は結構アタリだったらしいです。

ラーメンとしては非常にキレイにまとまった味で、バランスは非常によいと思います。
動物や魚介系の臭みは全くないし、脂もほとんど感じないほどにバランスよく旨味が調整されたこちらのスープは、女性や子供、お年寄りにも安心して食べられるお味なのですが、所謂「ラーメン好き」な若い男性には物足りない味かもしれないなぁ。
所謂「ラーメン屋」にありがちなジャンクなイメージが、ハード(店舗)、ソフト(メニュー)のいずれにも全くないお店。
そういう意味では貴重なお店かも。
なお、毎月限定のメニューを実施しているようですので、それをチェックするのも楽しそうですよ♪

らぁめん工房 まんぼぉ
070818_1140
※2年前の写真ですがほぼ変わらず

千葉市稲毛区小深町3-1

TEL:043-424-3239
営業時間:
  昼11:30〜14:30(土日祝は〜15:00)
  夜17:30〜21:30
定休日:月曜・第3火曜
駐車場:店裏手に2台ほど
最寄駅:JR四街道駅から徒歩17分
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 閉店・閉鎖 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック