2008年08月10日

リズム天国ゴールド(購入後)

リズム天国ゴールド

リズム天国ゴールド
任天堂 2008-07-31
売り上げランキング : 2

おすすめ平均 star
starリズムを『楽』しむ
star評価の分かれやすいゲーム
star期待せずに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そんな訳で、結局発売日に買ったんですよ。

………これ、前作よりシビアでない?
通勤電車でノリノリでタッチパネル叩く訳にもいかないんで、夜自宅でポチポチ進めてるんですが、オールクリアは程遠い感じ(´・ω・`)
一応「全ゲーム平凡クリア」までは来たのですが、その先が問題なのれす。
オイラ、全ゲームパーフェクトクリアできるんでしょうか(´・ω・`)


今回はDS用ということで、すべての操作がタッチパネルになりました。
前作でボタンを押していたのが「叩く」と「はじく」というタッチパネル操作に変わった訳です。
「叩く」はいいとして、問題になるのが「はじく」という操作。
これが結構な曲者。

「はじく」のチュートリアルともいえるのが、最初のステージ「組み立て」。
なんか見覚えのある工場で、タイミングよく「はじく」操作をすることによって棒が発射される、という次第。
ここで「はじく」に慣れろということか。

さらに問題になるのは「ステージ2」の最初のゲーム、「ピンポン」。
ここは「組み立て」よりもリズムよく「はじく」操作を繰り返すことになり、まずここでつまづいた。
その後も、「はじく」操作への習熟が求められ、ステージ2のリミックスで完全に詰まりました。
いくらなんでもリミックス2程度でつまづいてちゃ、先が思いやられます(´・ω・`)

さて、前作でもあった「マスターの救済措置」は、今作も健在。
件の「リミックス2」では、2回ほどマスターの誘いを断ったものの、全く先へ進める気がしなかったので結局はマスター頼み…
嗚呼、前作では1度もお世話にならなかったのに……

その先も概ね2回くらいずつ「やりなおし」をくらいながら進みます。
特に足踏みしたのが「モアイソング」、「ショートライブ」、「犬忍者」、「リフティング」、「ウラオモテ」、「ロッカー」、「リミックス8」。
とはいえ、結局その後は根性で何とか「平凡」にして、マスターには頼らず何とか先へ進めました。

時折やってくる「パーフェクトキャンペーン」もぽちぽちこなしつつ、何とか全ゲーム平凡以上クリアにこぎつけたのが、購入1週間後。
この時点では、ノリカン132、メダル28枚。
パーフェクトは7つくらい終わってたかな?

080805_2333~0001.jpg
↑の写真は「リミックス10」初見で「やりなおし」をくらった直後のもの。
結局「平凡」クリアしてもノリカンはこの時のままでした。

要は「はじく」のコツをどれだけつかめているか、な気がします。
最初に引っかかった「ピンポン」や「犬忍者」、「リフティング」は、「タッチペンを使わず指で直接タッチパネルを操作」でだいぶ改善されました。
タッチペンを使っていると、慣れないうちはタッチパネルがうまく「はじく」の操作を認識してくれないんですよね。
「はじく」と認識されるには、タッチパネルへに触れた瞬間に瞬発的な圧力が必要になる模様です。
そのへんは操作性の難点というべきか、あるいは「慣れればカンタンだから精進せよ」というべきか…
そういう意味では「慣れるまでは難しい!」というゲームになってしまってる点でちょっと残念かな。
些か前作よりは敷居が高いかもしれませぬ。

さて。
言い忘れてましたが、今作はセーブが3人分できます。
家族で別々のセーブを使える、ということです。
前作、うちではダーリンと私が同じソフトを使っていたので、苦手なゲームはダーリンにやってもらって先に進んだりしていたのですが、今回ダーリンは手伝ってくれそうにありません(´・ω・`)
オールパーフェクトするとクリア特典が出現するようですが、購入後半月でオールパーフェクトどころかオールハイレベルすらあと10個も残っている状態ですよ(´・ω・`)
果たしてオールパーフェクトなんてできる日が来るのかしらん。
おかげで、頭の中をしょっちゅう「シューティング」だの「犬忍者」だの「リフティング」だのの曲が回りっ放しですがな。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック