2017年08月12日

「うらがわ」展

今年の夏休みは、暦の並びも手伝って、驚きの10連休。
そんな中、近所の図書館で見かけた、千葉市美術館の「うらがわ」展のポスター。
170812_1501~58.jpg

目に見えないものを指す「うら」という言葉にかけて、この世の「うら」を描いた怪談ものや、表に見えないひとの「心(うら)」を印象深くとらえたもの、美術作品を裏に表に支える知られざるテクニック、スケッチなどを紹介。
(展覧会チラシ説明より)


フム。
千葉市美術館、地元のわりにまだ1回しか行ったことないんだよね。
チラシのでっかいガイコツの浮世絵(相馬の古内裏)も有名だし、ちょっと見に行ってみたいなぁ。
と思ってよくよく見れば、観覧料は驚きの「一般200円」!
どうやらこちら、千葉市美術館の所蔵品がメインの展覧会ゆえ、このお値段らしい。
千葉市美術館はスペースの都合なのか常設展示は行っていないため、今回の展覧会が事実上の常設展示と思われます。
ご近所&お手頃プライスだったので、前を通ったことしかないダーリンを誘って早速出撃。

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | 芸術鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

バベルの塔展

通勤途中の駅のホームに「バベルの塔」のポスターがあるのが、ずっと気になっていたのです。
ブリューゲルの代表作「バベルの塔」。
これと、知る人ぞ知るヒエロニムス・ボスの油彩作品2点が見られる、というので、金曜の午後半休して上野に行ってきました。
170526_1928~00.jpg


「バベルの塔」展公式サイト


「バベルの塔」展

(東京都美術館ウェブサイト内)


続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

ミュシャ展

昨今、日本人にも大人気のアール・ヌーヴォーの芸術家・ミュシャ。
日本とチェコが国交を回復してから60周年となる今年、このミュシャの大規模な展覧会が開催される、というのは前々から聞いてました。
今回の目玉は、ミュシャのライフワークともいえる「スラヴ叙事詩」全20作。
これらがチェコの国外に出るのは、今回が初めてなんですって!

スラヴ叙事詩絡みでは、ミュシャの遺族がプラハ市に対して「スラヴ叙事詩、市に寄付する代わりに専用展示スペース用意する約束だったのに、100年経ってもまだ作ってくれてないから、国外に持ってくなんてとんでもない!」と激怒してると聞いててヒヤヒヤものでしたが、まぁ何とか無事に開催される運びとなりました。
例によってひとりで金曜夜に特攻するつもりでしたが、学生時代の友人達も興味津々だったので、アラフォー女子4人で土曜の昼前に待ち合わせて見てきましたよ。
170422_1303~10.jpg

ミュシャ展公式サイト

ミュシャ展
(新国立美術館ウェブサイト内)

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

坂尾山栄福寺の枝垂桜2017

桜の季節です。
しかし、東京に比べて、なぜか千葉市内はソメイヨシノの開花が遅い。
会社の近くの桜は五分咲きだというのに、家の近所の桜はまだまだ咲き始め、と言った風情です。
しかし、桜は何もソメイヨシノばかりじゃない。
ググってみたところ、千葉駅からバスで20分くらいのところにある「坂尾山栄福寺」さんの枝垂桜というのが、ソメイヨシノより若干咲くのが早くて見頃らしい。
という訳で、あまり気乗りしなげなダーリンを引きずって、千葉からバスに乗っていくことに。

到着。
山門から既に、見事な枝垂桜が見えてます!
DSC02236.JPG

これにはワタシもダーリンも仰天。
特に、ワタシに押し切られてついてきただけのダーリンは、かなりビックリしています。
「こんなに見事だとは思わなかった」とは彼の弁。
うん、まぁ、ワタシもです。
正直、想像以上に立派な枝垂桜でございました。


続きを読む
タグ: 千葉市
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

「春日大社 千年の至宝」展

東京国立博物館で開催されている「春日大社 千年の至宝」展へ行ってきました。
170211_1324~00.jpg

春日大社は20年毎に建物を立て替えたり御神宝を新調したりする「式年造替」を行っていて、その60回目である「第六十次式年造替」が、まさに去年完了されたそうで、今回の展覧会は、今回の式年造替で御撤下(神様の元から下げられること)された狛犬などが展示されておりました。

「春日大社 千年の至宝」公式ホームページ

特別展「春日大社 千年の至宝」
(東京国立博物館サイト内)

東京国立博物館 特別展「春日大社 千年の至宝」

(Youtube/インターネットミュージアムhttp://www.museum.or.jp/

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

白黒写真のカラー化

ネットで、「白黒写真がカラーにできる」というサイトを見つけた。
siggraph2016_colorization

詳しいシステムはよくわからんが、とにかく白黒写真がカラーにできるんですって。
といっても、ウチに今更白黒の写真なんかないよなー(´・ω・`)

と思ってたら、あったぞ!
hakama_mono.jpg

大学の卒業式で、友達がなぜかセピアの「写ルンです」を持ってきてて、後でくれた写真。
窓の外を眺めながら、たそがれてる風な写真を撮ってもらったんだった。

早速、上記のサイトを使ってカラーにしてみた。
hakama_color.jpg

おお。
確かに、この時着てた着物はピンクだった。
とはいえ、屋内だからか、この写真だと総天然色感は薄いなー。

で。
実家で、母親の若い頃の写真を拝借。
old1964_mono.jpg

昭和40年前後の写真です。
当時うちの母親は、今でも白浜にある某ホテルの仲居さんとして働いてました。
この写真は、そのホテルの慰安旅行で箱根に行った時の写真だそうで。

変換してみたところ、これはかなり総天然色感!
old1964_color.jpg

真ん中あたりの着物の人達や、子供の服なんかが結構カラフルになりました。
すごいな、ちゃんと白黒写真にもカラーの情報残ってるんだな。

母親に見せたところ、大変懐かしげ。
50年前の写真がカラーになるとはね。
真ん中やや右に写ってる、白いスーツの女性がウチの母親。
写真を見ながら「この頃は若かったねぇ、この頃に戻りたいねぇ」としみじみしてました。

ちなみに、真ん中に写ってる着物の人達。
私は「この時代だとまだ旅行も着物で行く人がいたんだなぁ」なんて思ってたんですが、母親によると、彼女達は「海女芸者」という「昼は海女・夜は芸者」な人達だったそうな。
結構いかがわしい下ネタとか話してて、お客さんには大ウケだったらしいです。
あー、まぁ、そういう時代ですかねぇ。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットで発見 | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

成田山初詣2017

ブログをかなり放ったらかしにしてたことにビックリの、2017年1月。
それなりに元気にはやってます。
でもまだ捻挫の足は痛いしいろいろアレなんだよねぇ(´・ω・`)

今年も元旦の朝っぱらから、成田山へ初詣行ってきました。
170101_0830~34.jpg

去年いろいろ健康運が残念だったんで、今年は厄払い代わりに厄除けのお守りを買ってきました。
今年は元気で過ごせるといいなぁ。

帰りはいつもどおり、
・鍋店で甘酒と酒まんじゅうを食べる
・ぱん茶屋で休憩しつつパンを食べる
・長命泉で甘酒を飲み、新年の酒を買う
のコンボを決めて帰ってきました。

ぱん茶屋さんでは、久々に「うなぎぱん」を買って食べてみたり。
170101_0929~00.jpg
キワモノっぽい響きだけど、結構おいしいよ。
というか、ぱん茶屋さんは基本的にパン生地が結構おいしいんで、何を買ってもおいしくいただけるのです。

よい一年でありますように。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

捻挫2016

またもや足元不注意で転んで捻挫しました。
歩きスマホ、絶対ダメ(´・ω・`)

今回の原因。
「慣れない経路で慣れない病院に行くのにGoogle Mapガン見しながら歩いてて、日陰を通りたいがためにビルの軒先を歩いてたら段差に気づかなかった」。
結果、階段一段分の段差を転げ落ちた拍子に、左足首をグキッ。

しばらく痛くて立ち上がれない。
転んだ瞬間、足首の筋が「ピキッ」という感覚があったので、「あ、これアカンやつだ」と観念(´・ω・`)
この日は別の事情で形成外科に向かっていたのですが(それもまた追々書く予定)、予約の時間が迫っていたため、まずは最初の予定通り形成外科へ。
冷や汗ダラダラしながら膨れてくる左足首を庇い、何とか形成外科の用事を終え、改めて形成外科で教えてもらった、近所の整形外科に駆け込むこととなりました。

半ば這うように辿り着いた整形外科ではレントゲンを撮り、予想通りの「捻挫」の診断。
テーピングをがっちりしてもらうと、何とかかんとか歩けるように。
DSC_2957.JPG

前回別の病院では松葉杖も貸してもらえませんでしたが、今回は「ロフストランドクラッチ」という杖をレンタル(1日100円・最初に保証金として5,000円払い、返却時にレンタル料を差し引いた額が返金)することに。
なお、「ロフストランドクラッチ」って、こんな杖。
DSC_2974.JPG
あー、よくケガした人が使ってるヤツ、そういう名前だったのね。

本来午前半休で形成外科に行って、午後から出勤の予定だったんですが、辛いんでそのまま帰宅(´・ω・`)
転んだ日は金曜日だったので、そのまま土日はずっと家で足を冷やしてました。

捻挫5日目くらいになると、だいぶ内出血が残念な感じになってきた。
DSC_2983.JPG

DSC_2989.JPG

うーんん(´・ω・`)

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

地元のカフェと安房神社

ひさびさに、地元のお友達とお食事。
今回は、お友達推薦のカフェ「布良cafe食堂 蘇堂」さんへ。

布良郵便局の裏手の古民家を使って作られた、オサレなカフェさん。
すぐ近くに母方の実家があるんで小さい頃から知ってるエリアなんだけど、まさかこんなとこにこんなにステキなカフェができてるとは。
和装の似合う女将さんが、ニコニコと出迎えてくださいました。

中はとっても和風な装いなのに、メニューは洋食、というミスマッチ(笑)


ワタシは「大人のお子様ランチ」をオーダー。

黒い塊は、実は鶏のから揚げ。
なんで黒いんだろう。
なお、女将さんによると、ブラジル国旗は「リオ・オリンピック」のために必死で探されたとのこと(笑)

この日、実はお友達から嬉しい報告がありまして。
それを聞いてた女将さん、サプライズでデザートプレートをお祝い仕様にしてくれました!
空いてる日だったのも幸いしたらしい。
いいねぇ。

お席もそんなに多くはないこぢんまりしたお店なので、日によっては混んでて入れない日もあるそうな。
後で頂いたハーブティーも美味しかったので、機会があったらまた伺いたいです。
最後は、厨房からご主人も出てこられて、女将さんと揃ってお見送りしてくださいました。


その後、何となくご近所の安房神社へ参拝。
実家にいた頃は必ず初詣に行ってた神社さんですが、最近はだいぶご無沙汰してしまいました。

毎回夜中に行くので境内はほとんどまともに見てなかったのですが、新緑の時期ということもあって、とても緑豊かで素敵なお社だったことを改めて実感。

本殿脇の「神饌所」


本殿裏手


苔むす樹木


槇の木のご神木


下の宮


さすがは安房国一宮。
「地方の由緒ある神社」という風情満載でした。
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南房総 | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

深堀隆介回顧展「金魚養画場」

渋谷西武で開催している深堀隆介さんの回顧展に行ってきました。


いつぞやテレビで見たことのある「何層も樹脂と絵の具を重ねて金魚を描く」という作品で有名な深堀隆介さん。

ご本人の公式サイトはこちら↓
金魚養画場

せっかく都心で開催してるので、金曜の会社帰りに行ってきました。
スマホか携帯なら作品の写真が撮れる、というのは新しいな。

続きを読む
  web拍手←面白かったらポチ頂けると幸いです。
posted by 実里 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術鑑賞 | 更新情報をチェックする